今出来る事を、きちんと今する事

2016年6月19日 練習

0618_大阪カープスノックノックノック_1

本日も大阪カープスはホームの海老江で
練習を行ってきました。

人数は体験の方、マネージャーさんを入れても
6人という一見少なそうに見える人数ですが、
船出当時の3人を思えば、とても有意義なメニューが
可能になるありがたい集合となりました。

 

集合してから各自軽い体操やキャッチボールを
行っていたので、グランドインしてからはすぐに
内野ノックを開始しました。

ノッカーとキャッチを入れると守備は3人。
捕って、投げて、戻ったら、もう自分の順番という、
なかなかハードな練習となりました。

 

 

風は吹いているものの、30度を超え
肌はじりじりとする中の練習で
ほんの数周行うだけで息が切れてくるという感じでした。

3人が疲れれば、捕手のメンバーが1人ノック。
終わって少し休憩して、またノックの繰り返しでした。

途中、軽くフリーバッティングを行い
その後は外野ノックで締めました。

しかし合間合間には翔や裕太郎に個別ノックを行い
個人の能力アップも図りました。

 

 

組織メニューだけでもしんどい中、
合間を縫っての個別ノックはなかなかのものですが、
彼らは最後まで諦めずにやりきりました。
その有志たるや、見るものに感動を与えます。

ただのゴムボールを打って、それをいい大人が
眼の色を変えて、息を切らして捕りに行く。

それを理解できない人もいたり、
馬鹿にする人もいるかもしれません。

でも、じゃあ、あなたたちには体の限界まで
追い込んでまでしたい「ナニカ」はあるのでしょうか。

 

 

僕達が息を切らして追いかけるボールの先には仲間がいます。
そのボールを全力で捕りに行けなかった先には
必ず仲間がカバーに入っています。

その仲間も、そこにいるためには、その全力で追いかけた
子の後ろを、全力で追いかけています。
だからそこにいれるのです。

つまり、僕達が追いかける白いゴムボールは
仲間の為に追いかけます。
そして仲間の為に上手くなろうと全員が思います。
それが紡ぎあって、野球になります。

 

 

この日頑張ったメンバー達の姿は
お互いが目のあたりにしています。

そしてその姿は「こいつの為なら、頑張ってカバーも行こう!」
そう全員が思ったはずです。
だからこそ、全員がしんどいのに、一人ノックの時に
後ろに回ってこぼれたボールを拾いにいってくれるのです。

大阪カープス。カープではなく、複数系である意味を
いつまでも忘れずに、皆で一生懸命汗を流して進んで行きましょう!

 

 

ボール拾いに守備にノックに写真にビデオに
この日も頑張ったチカポーチカ選手の厳選16枚はこれだ!
(マネージャーさん募集中です!)
http://carps.biz/photo.html

大阪カープス名物ノックノックノックを見て
あなたも勇気をもらってください!

[embedyt]https://youtu.be/O9vMzmt3Gl4[/embedyt]