台風の目は大阪カープスじゃい

2016年9月19日 練習

0917_%e5%a4%a7%e9%98%aa%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%b9%e7%b7%b4%e7%bf%9201

台風の進路さえも抑えつけてしまう大阪カープスメンバーの熱気に負けて、雨予報も曇りになって、今日も熱くホーム海老江で練習が行われました。

練習内容は以下ですと言いたい所ですが、次の試合に向けてひたすらノックが行われました。
2時間取ったグランドでここまで永遠にノックしているチームなんて大阪カープスくらいでしょうか。

練習前から入念なキャッチボールを全員が率先して行ってくれるおかげで、グランドインしてからはすぐに練習が行えます。
この日もコーチ直伝の中継特化の練習から始まり、その後内野ノック、シートノックという流れでした。

0917_%e5%a4%a7%e9%98%aa%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%b9%e7%b7%b4%e7%bf%9202

シートノックは全体の60%以上の時間を割き行われました。
前半は少し余裕を持たせて行いましたが、後半からはメンバーの限界を少し超える用量で行いました。
これは練習後のミーティングにも話しましたが、限界を超えたところに選手の本当の弱点が見え隠れします。それはつまり試合での逆境の時への踏ん張りに繋がってきます。

大阪カープスは個々の力は確かに高いです。しかし、まだまだ連携が構築されていなかったり、全選手どこかしらに故障を抱えており、他の若いチームや、昔一緒にやっていたようなチームに比べれべまだまだ足元にもおよばないでしょう。だからこそ試合では常にピンチがチームを襲います。その逆境時には、練習でのノンストレスな時に出るポテンシャルの半分も出ません。この限界を少し超えたシートノックはそのときのポテンシャルを1%でも上げる練習です。追い込みノックもそうです。

0917_%e5%a4%a7%e9%98%aa%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%b9%e7%b7%b4%e7%bf%9203

ただ、嬉しいことに大阪カープスのメンバーは全員が基礎の大事さを理解してくれており、本当に基礎練習を一生懸命行ってくれます。これは必ずいきてきます。
草野球では「練習天狗」がおおいに発生しやすい場所ですが、今の大阪カープスにはそれは微塵も感じられません。全員の目が「挑戦者」だからです。「俺達でやってやるぞ!」そんな気迫を感じます。

0917_%e5%a4%a7%e9%98%aa%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%b9%e7%b7%b4%e7%bf%9204

残念ながら試合は雨で中止となりましたが、次の試合の事を考えずに全力でその日の練習に汗を流す姿は本当に嬉しいものでした。
これからも山あり谷ありの草野球人生でしょうが、たまにはもたれて助けられ、たまには背中を背中を支えあいながら進んで行きましょう。

この日もボール拾いに写真にビデオと孤軍奮闘したバカチカの厳選20枚はこれだ!「はよマネージャーさん応募してきて・・・orz=3」
http://carps.biz/photo/

[embedyt]https://youtu.be/2GyipO9pBcE[/embedyt]