気づいたら、素直に向き合う、必ずそれが近道だ!

2016年10月24日 練習

1022_%e5%a4%a7%e9%98%aa%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%b9%e7%b7%b4%e7%bf%9201

曇天の下、この日も12人もの精鋭が集まり練習が行われました。その中には名手しっさんJrの姿もありました!
練習内容は以下の通りです。

キャッチボール
体操
内野ノック
外野ノック
試合形式の実践練習
アメリカンノック

1022_%e5%a4%a7%e9%98%aa%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%b9%e7%b7%b4%e7%bf%9202

最近はメンバー全員が率先して練習前にキャッチボールをしてくれるのでグランドインからはすぐに練習できます。
体操は導入して二回目。やはり本来のポテンシャルを出すためにも体操をして、5日間の体のなまりを戻すのは必須です。

1022_%e5%a4%a7%e9%98%aa%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%b9%e7%b7%b4%e7%bf%9203

内外野ノックは二遊間の名手の存在で強固に見えがちですが、やはり詰めて見ていくと要所要所に粗が目立ちます。特に送球は大阪カープスの大きな課題となりそうです。
この送球もそうですが、捕った後の事後処理への重要さという部分が少し希薄な気がします。しかしそれは当然で、まだホームに返す基本ノックからシートに移行し始めたばかりですので、その癖が抜けないというところから来ていると思いますが、そろそろその部分に向き合う時期が来ていると感じます。

1022_%e5%a4%a7%e9%98%aa%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%b9%e7%b7%b4%e7%bf%9204

試合形式の実践練習ではいつも通り、ランナーが絡む場面で慌てから乱れるという景色が多かったですね。まさにその練習をしているので選手はその場面に対して考え対策を練っていきましょう。
どうしても緊張してしまう選手は普段のキャッチボールから捕ってすぐ投げる事をイメージして行うなど慌てて失敗した自分を思い出しそれに向き合いましょう。

1022_%e5%a4%a7%e9%98%aa%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%b9%e7%b7%b4%e7%bf%9205

ラストは大阪カープス初のアメリカンノックを行いました。
試合などで目立った、正面以外での捕球へのミスからかなり前から提案に上がっていた練習ですが、とうとうこの日から導入しました。
落下地点の目測、判断、走るときにいかに体の上下運動を減らし目測をぶれさせないか、それらを同時に求められる、そして鍛えられるハイレベルな練習です。

皆困惑しながらの出だしでしたが、時間と共に捕球ができるようになりました。意外とよっさんの走り方が綺麗で驚かされました。しっさんJrとよっさんだけは本当に走塁時に頭が動かないので、皆はその走塁の膝の使い方は参考になると思いますよ。

1022_%e5%a4%a7%e9%98%aa%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%b9%e7%b7%b4%e7%bf%9206

そして皆さんが知るとおり、この日の最後の最後で投球時にコウヘイが倒れこみ、そのまま病院へ直行。属名「投球骨折」であると診断されました。
このように体操をしたり、ある程度の技術や知識があっても怪我はついてきます。それは今回の様に自分の身にも起こる事ですが、時には選手同士での接触による事故もあります。
この一件をもとに、今一度楽しい野球の中にも真剣さと実直さに向き合い、また次回から大好きな野球に一生懸命取り組みましょう!

この日も頑張ったチカポーチカ選手の厳選20枚はこれだ!
http://carps.biz/photo/

[embedyt]https://youtu.be/W-us4qwlsgg[/embedyt]