君は大阪カープスの「分の1」だ

2017年3月13日 練習

 

新人さん、体験メンバーも含め大所帯で挑んだ本日の練習。大阪カープスにとって大きく分けてのニュージェネレーション到来といった感じで活動が行われました。

体操(お兄さんはお爺さんのニッシー)
キャッチボール
内外野分かれてのノック
超ロング実践シート
地獄アメリカン(ニッシー&ヒロキ)
実践シートノック
締めノック

体操のあとは長めのキャッチボールが行われ、その後は人数多かったことから内外野に分かれてのノックを行いました。
サードさっちゃん、ファーストYUZUなど、新しいポジションでの練習も始まり、各選手新鮮さと難しさを噛み締めながら真剣に練習を行っていました。

実践シートは2時間以上もかけて徹底的に行われました。不慣れな選手であっても試合形式の中に身を多くことで、自分でも知らないうちに「流れ」のような感覚が身に付きますし、実践の中でのカバーなども体験していくことで、自分の中で課題や目標が出来て成長スピードの加速に繋がります。

まだまだシート練習の中で分からない場面で「ここ、わかりません!」と手を上げて練習を止める事は自発的には難しいでしょうが、まずはその中に居る事、が経験という大きな練習になるので、今は戸惑いながらでも、その場で踏ん張りましょう!

合間には、外野での地獄アメリカンを敢行。オフロード並みの海老江の外野でのアメリカンは相当きついですが、ニッシーとヒロキがヘトヘトになりながらも自分からは絶対に止めますと言わずにやりきりました。ヒロキの根性は本当にたいしたもんです。

最後の締めノックは、いつもならばさっちゃん一人なのですが、体験メンバーも続々参加し最終的には大人数での締めノックという珍しい風景となりました。
上手い奴、まだまだな奴、かなりおっちゃん、まだまだヤング!そんなの関係無しに皆最後の一瞬までボールを追い続けました。全員思う事は一つ。

「もっと上手くなりたい!」

この日は練習前にかなり厳しい話がキャントクからありました。それは既存メンバー、体験メンバー関係なしに全員に向けられました。
チームであるからには「自分は何分かの1である!」それは1になるために欠かせない力であり、だからこそ、皆を想わないといけません。自分の頑張りはチームの勝利の為、それが野球です。
そしてそれは、グランドを離れても同じです。

これからも「おかげさま」の精神を忘れず、己に厳しく精進していきましょう!!

[embedyt]https://youtu.be/LiSHJk5be0k[/embedyt]