自分が大好きな野球の威厳は自分で守れ!

2017年3月20日 練習

寒暖差が激しいこの季節、チーム内でもダウンしてしまうメンバーがいる中、元気なメンバー達は一生懸命野球が出来る状態に怠けることなく、この日も全身全霊で4時間の練習を行いました。
練習内容は以下の通りです。

体操(一休さん)
キャッチボール
内外野ノック
超ロングシートノック
実践バッティング
個別ノック
実践バッティング2
地獄ノック

体調不良や仕事などで休みメンバーが多い中でも、体験さん新人メンバーなどで本日も始まってみれば12人の大賑わいでした。本当に嬉しい事です。
体操、キャッチボール、内外野ノックはいつもどおり行われ、その後は超ロングシートノックが行われました。

17回分のノックを休憩無しでぶっ続けで行い、最後は全員ヘトヘトになっていました。そんな中でも体験メンバーのライトでのカバー、さっちゃんの外野への声出し、むーさんの指示、一休の声出しなど、本当に元気いっぱいがみなぎるとても良い練習となりました。

その後は植ちゃん投球による実践シートバッティングが行われ、各選手1打席でも多く立てるように必死に喰らい付いていました。

個別ノックではヒロキのアメリカンをはじめ、各選手に地獄とまでは行かないものの、少し強めのノックを行いました。最近の流行は少しづつ希望者が増えるゾロゾロ参加です。初めは3人だけも少しづつその練習風景に胸がときめき、ついつい参加してしまい、結果泥だらけになるというのがブームとなっております。

その後はキャントクの肩作りもかねた実践バッティング2が行われ、一休も途中からマウンドを引き継ぎました。

最後は締めの地獄ノック。
もうこの時点で相当な疲労を蓄積したこの日ですが、それでも40分近くという気の遠くなる時間を残しての地獄ノック突入。参加者全員が目の色を変え、これを乗り越えてやるという気迫がグランド中にみなぎっていました。
そんな中でもムーさんはこの日の最高年齢にも関わらず「もう一丁こい!!!!!」と大きな声を出して自分を徹底的に追い込んでいました。
後半は日もかげり、かなり気温が低下していましたが、大阪カープスメンバーだけは全員汗だく泥だらけで、息を切らして最後の1秒まで大好きな野球で遊びつくしていました。

この日の最後に新人さんとの世間話の中で伝えた言葉があります。

「自分で募集してまでやりたいと思った大好きな野球で、手を抜いたり紳士に向き合わなかったら、多分その人は何をやっても全て中途半端だと思う。」

私はいつも大阪カープスでの練習を、「一生懸命遊ぶ」、と表現します。
もし、試合をする時に、全員が自分勝手な事をして、全員が笑いながらエラーをして、全員が集合時間に遅刻したらどう感じるでしょうか?たとえ草野球が遊びであっても、何も楽しくないですよね。

だから、野球を一番楽しくするには、一生懸命野球で遊ぶしかありません。
その姿がこのグランドにはあります。礼儀とマナーを守り、一生懸命野球で遊ぶ。それが大阪カープス、男の道。

[embedyt]https://youtu.be/P7vhr4HYTu8[/embedyt]