悔しさと汗と泥を引き連れて進メ戦士タチ

2017年3月29日 試合

新メンバーも増え、そういった中で今一度チームを色々な角度から見るために組まれた練習試合が前半に行われました。

1回2回は試合慣れしていないので少し固さも見られたうえ、相手先発投手の切れのあるストレートに押され淡白に三者凡退に終わる。

3回。8番のさっちゃんの打球はふらふらっとサードに上がり、誰もいないところにポツリと落ち、これが内野安打となって、ホット一息今年一本目が生まれる。
続く初スタメンとなったヒカちゃんの打席でさっちゃんが連続スティールで一気に三塁へ。更に捕手が投げた牽制球が後ろにそれる間に帰還し先制点を挙げる。

ひかちゃんは四球を選び、1番の純平の打球は猛烈なライナーとなり、外野を抜けこれがタイムリースリーベースとなり2点目をあげる。

4回。植ちゃん一休の4・5番コンビが連続ヒットでチャンスを作ったが後続が続かず無失点に終わる。

5回。先頭さッちゃんが倒れ、ヒカちゃんは死球で出塁するが続く先頭純平の内野ゴロでセカンドでアウトになり走者が入れ替わる。
純平は盗塁で二塁へ行き、このチャンスに打者は繋ぐ二番起用のしっさん。
鋭く降りぬいた打球はあっというまに左中間を突き破り純平は帰還。しっさんもヘトヘトになりながらも全力で三塁まで走りぬきタイムリースリーベースとなった。繋ぐ2番起用がまさかの長打での活躍なった。

ここまで3点を上げるも、あれよあれよという間に失点が相次ぎ気づけば5-3の2点差をあけられての最終回。

ヒカちゃんに変わっての代打YUZUはサードのエラーで出塁。更に暴投がグランド外に飛び出て二塁へ進塁する。
1番純平はこの日二本目を放ち、すかさず盗塁を決めチャンスメイクし、2番しっさんは四球で満塁のビッグチャンス到来。

ヤマトは倒れ、打順には4番の植ちゃん。顔あたりの高めの球を強引に引っ張り倒してサード横に火の出るような打球を放ち1点を返す。
更にワイルドピッチの間にしっさんが帰還し遂に土壇場で同点に追いつく!

一休はこのチャンスに慌てることなく四球選びまたもや満塁。この逆転のチャンスに打席には先ほど悔しい三振をしているムーさん。ここは挽回してやろうと降りぬいた打球は高く舞い上がり左中間への走者一掃となる3点タイムリーツーベースとなる。

3点差をつけ、意気揚々と最終回の守備に付いたナインだが、先頭打者をエラーで出塁させるとここから流れは変り、投げる球全てを見事に外野に打ち返され、気づけば同点に。
最後も外野フライを見失い、これがサヨナラの打球となり、3点差を守りきれずサヨナラ負けを喫した。

これが野球。というを痛いほどに痛感したナイスゲームでした。
ここの能力が高くてもそれが繋がらないと勝てないのが野球。

大阪カープスのメンバーは固定メンバーが少なく、入れ替わりのメンバーがやはり必要とされ、そこには連携不足。練習不足というハンデが現れる。じゃあ、だからといって誰でもウェルカムにメンバーを増やすチームかといえば答えはノーである。

では、そのチーム構成で今は戦っていかなければならない。しかし、今大阪カープスにそれは出来ていない。
きゃんとくはここ最近になってようやくそこに気づき始めました。なので、そこをどうすればクリアできるかを再検討中。その大きな目の前の課題を皆で乗り越えていきましょう。

それにしても初試合となったヒカちゃんですが、ライトでのカバーの動きが凄く目立っていました。そしてその頑張りはほとんどの点に絡むという形で幸せが帰ってきました。これからも今、自分に出来る事に手を抜かず、徹底的に実行していくことは次のステップへの大きな力ですので、カバーや一生懸命走る、声を出す、といった基本的で最も大事な事を行っていきましょう!

下を向いている暇は残念ながら大阪カープスにはありません。大阪カープスにあるのは、傷つきながら泥だらけになりながらも一歩一歩進んでいく道です。
また来週も再来週も活動はあります!大阪カープス男の道を進みましょう!

[embedyt]https://youtu.be/-egz7vVRpGg[/embedyt]