花より団子よりも、泥の中で野球

2017年4月11日 試合

先週の泥んこ遊びも相当なものでしたが、今週もやっちゃいました大阪カープス。
本来は中止宣言も、イッセーBC様の熱い想いや、大阪カープスメンバーの熱い思いに背中を押され試合を決行。
周りの少年野球でさえ中止や外野のみでの練習の中、ええ年したおっさん達は前回を遥かに上回る泥沼状態のグランドで野球遊びを全力でしました。

1回。先頭のヒロキが上手くあわせてレフト前ヒットで出塁するとぬかるむグランドを省みず盗塁を決め進塁。
2番ニッシーのバントは泥沼にすっぽり納まり完全に惰性が死ぬ超絶バントで内野安打とし、この打球処理を誤る間にヒロキはホームインし先制点を上げる。
続くジュンペイのレフト前ヒットでニッシーはホームに戻り2点目をあげ、6番キャントクは四球でチャンスメイクするも後続が倒れ2点止まりとなる。

2回。1番ヒロキのサードゴロは泥と快速のおかげで内野安打となる。
2番ニッシーの打球は12塁間を抜けそうなあたりだったが、野手のファインプレーにより捕球されるが送球を誤り、ヒロキ・ニッシー共にセーフとなる。
3番ジュンペイの強いショートゴロのあたりの間にヒロキはホームに戻り1点を追加。三代目として泥を気にしながらも、この日のヒロキの足は大きな武器となりました。

3回。先頭の一休が特大のツーベースを放つと、続くキャントクはボテボテのレフト前ヒットを放つ。この際に一休はセカンドから一気にホームを狙うもイッセーBCの見事なまでの返球・中継に阻まれホームでタッチアウトとなり、後続も倒れ無得点に終わる。

その後4・5・6回は特に見せ場無く凡退の山を築く。1・2回で得た3得点に対してイッセーBCの猛打が襲い掛かり、4回までに15失点を喫し、最終回の攻撃に望みを託す。

7回。先頭ニッシーがこの日3本目となるヒットで出塁。
続くジュンペイの打球は遥かセンターの頭を越える特大タイムリースリーベースとなり、ファーストからニッシーが帰塁するも、気持ち悪いスライディングを使い物議をかもす。打ったジュンペイも相手野手のエラーの隙に本塁生還し2点を返す。

この日完全にストップだった植ちゃんがここで匠の右打ちを見せエンタイトルツーベースで出塁すると暴投の間に三塁へ。一休は四球を選びすぐさま盗塁をしチャンスメイク。
このチャンスにキャントクは珍しく右打ちを敢行しこのセカンドゴロで植ちゃんはホームインし1点を追加。
YUZUの打球は高く上がり、煙る空に隠れてセンターのエラーを誘い、その間に一休が帰還し4点目をあげるが反撃もここまで!

ヒット数で相手チームを上回りながら、エラーと四球の雨アラレで自ら墓穴を掘った大阪カープスの敗戦となった。
それに比べイッセーBCの守備はとても堅実なものでした。同じ泥んこコンディションの中でも、ちゃんと内野ゴロを処理し、たった3エラーでおさえたのが大きな勝因。

しかし大阪カープスにも収穫が無かったかといえばそうではなく、初めて守るセンターさッちゃんの現状、ファーストYUZUの現状もよく見れたし、普段の声出しもよく出来ていた。ヒロキの声はレフトからマウンドまで初回から最終回まで聞こえていたし、一休の声も相変わらず大きく、自分自身も泥だらけなうえ制球難投手の相手で疲れているのに、投手への気配りもかかさず捕手として全力でプレーした。

この日の課題は、普段の声出しより一歩先の、捕球の際の選手間の声出しだった。これは出来ていたかもしれないが、大きくは聞こえてこなかった。実際それがあれば捕球できている打球も数多くあった。そしてこれは大阪カープスで口酸っぱく言ってきた事だが、すこし物静かな子が多い大阪カープスではなかなか成長していない点であり、その姿がそのまま試合に出た形となった。
ポジション指示の声出しは間違う場合も確かにあるが、それでもしないよりはしたほうが、同じエラーであっても意味が変わってくる。今後は練習からこの部分は徹底追求していきますので、事前の心の準備をお願いいたします!

プレー以外の部分では、審判へ率先して言ったり、ボール拭き、3塁ランコー、バット引き、などを少ない人数で本当によく回してくれました。ありがとうございます!プレーも上達しながらこういった基本的な部分ももっともっと磨いて、本当の草野球人を目指しましょう!!

[embedyt]https://youtu.be/u8ifYAUDg-c[/embedyt]