世紀の大!大!シーソーゲーム

2017年6月19日 試合

これでもかという程に徹底した練習の日々を重ねた大阪カープスですが、来週に控えた大阪草野球リーグ戦にむけて、前哨戦となる強打マトリーと試合を行いました。
※CHIKAPOMはビデオを集中的に撮ってもらったので写真は決定的なところが無いのは御了承ください。

1回。
先頭のヒロキがセカンドのエラーで出塁すると、すかさず2盗3盗を決め無死3塁。このチャンスに入団初打席となったトミさんが見事にセンター前に打ち返し先制点をあげる。
トミさんも盗塁で2塁へ行き、5番キャントクはエンタイトルツーベースを放ち2点目を挙げる。

2回は淡白に3者凡退に終わり3回。
先頭のヒロキがセンター前ヒットで出塁すると、またもや盗塁のサインで2塁へ。2番ニッシーはセカンドゴロできっちりと仕事をして1死3塁。

3番トミさんは四球で出塁し1死1塁3塁。このチャンスに4番植ちゃんが放った打球はサード正面。飛び出したヒロキは3塁と本塁の間でタッチアウトになるも、きっちりとトミさんが3塁に到達して、2死1塁3塁。
5番キャントクの打席の時にワイルドピッチがあり、トミさんは隙を見て帰塁し1点を追加する。

4回。
四球でさっちゃんが出塁。牽制球の悪送球で2塁へ進塁後、盗塁を決めて3累へ到達すると、続く7番YUZUのショートゴロの間に上手くスタートを切り、粘っこい野球で1点を追加する。

ここまで4点を挙げるもじわじわ追い上げられ、4-7で劣勢の5回。
トミさんがこの日2本目のヒットで出塁し打席にはここ最近バットが湿りがちの植ちゃん。振りぬいた打球はレフトがボールを見失うほど超滞空時間で伸びて行き、そのままスタンドインで2点を挙げる。(しかしその後ホームランボールは見つからずトリックの可能性あり・・・)

代打で登場の一休はぼてぼてのキャッチャーゴロも全力全身で一塁へ駆け上がり内野安打にする。その後も連続盗塁で一気に3累へ行き、7番YUZUの打席のワイルドピッチで帰還しなんと同点に追いつく。

6回。
2死になりながら1番ヒロキがエンタイトルツーベースで出塁し盗塁で3累へ。
2番は4回から代打で出ていたジュンペイが打席に。振りぬいた打球はサードを鋭く襲い内野安打に。この間にヒロキはホームインで勝ち越しに成功する。

しかし、裏にすぐに追いつかれ、7回もお互い無得点で試合は何とチーム初となるタイブレーク方式の延長へ突入する。

8回。
1死2塁3塁から始まり。いきなりダブルスチールを敢行すると、捕手からサードへの送球がずれて一休、さっちゃん共にホームへ帰り2点を挙げる。打席のYUZUも真骨頂のテキサスヒットで出塁。ムーさんの打席のワイルドピッチで3塁に出塁し、しっさんのレフトエラーの間に生還する。

そしてタイブレーク突入で一気に3点を挙げた大阪カープスがそのまま勝利を収めた。
投げては先発植ちゃんは滅多打ち8失点するも、初登板となった後続のイマムーが強打のマトリー打線をきっちり0に抑え込み初登板初勝利を挙げた。

全てのプレーに意味がある有意義な試合となった。練習で修正されていない部分は露骨に全て顔を見せ、「何故練習をしないといけないか?」「どのように練習に普段から取り組めば良いか?」そんな課題を全選手が自ら感じ取れたのではない

でしょうか。

補佐業務になっている一休はその立場に腐ることなく、逆に全ての審判を行かせてください!と名乗り出てて、代打で出れば全力疾走、その後も声を出し続けた。
それはリョウもヤマトも同じで、ほとんど出番が無い状態にもかかわらずベンチから常に声を上げていた。

スタメン組み、控え組み、試合となればルールの下、2つの立場に分かれるが「勝利を目指す」という同じ目標の下、今与えられた立場で全員が出来る事に全力を出し切った試合となりました。

さあ週末は本丸イッセーBC戦です。前回の泥沼の敗戦の借りを公式戦で返しましょう!!

[embedyt]https://youtu.be/3qGUdFmKNcc[/embedyt]