自分の大事なものを守る為に、その足を一歩前に

2017年8月2日 試合

ビジターとなる大日グランドにてマーブルポッキー連合軍と対戦をしてきました。

直射日光は出ていませんでしたが、湿度と気温の高さで知らぬ間に体力を一気に奪われると言う、見た目にはわかりにくい過酷な環境での試合となりました。

1回。
淡白に1.2番が倒れるも、三番トミさんが四球で出塁するし2盗3盗を決めると3盗目の時の捕手からの送球が後ろに逸れ、足で先制点を挙げる。
四番植ちゃんはレフトを越えるエンタイトルツーベースで出塁すると、続く一休がまるで同じような高弾道の打球を放ち、今度はセンターを越えるタイムリーで2点目をあげる。

2回。
先頭のしっさんが「この前のはまぐれじゃない!」と言わんばかりにセンター越えのツーベースで出塁。2死になるもヒロキ・リョウが四球を選び満塁になる。
打席がトミさんのとき、浅めのパスボールにしっさんがホームへ突入。相手チームの連携の良さもありタッチアウトでチャンスをものに出来なかった。

3回。
3番トミさん、4番植ちゃんが連続ツーベースで簡単に1点を追加し、振り逃げと四球で満塁になるも、後一本が出ずに1点どまりに終わる。

4回。
絶好調男ヒロキが三代目で・・・、あ、三打席目でヒットを放ち盗塁で二塁へ進塁。植ちゃんも失策で出塁したが、一休は際どいボールに手が出ず見逃し。ヤマトもセカンドゴロに終わりまたもや後一本に泣いた。

5回。
好調のしっさんからの打順だったが、暑さのせいで皆集中力が切れ始め、淡白に攻撃は終わってしまう。

序盤に得点したものの、中盤からは残塁の山を築き、本来であれば負けパターンだったが、今年初先発となった大御所サファテイマが快刀乱麻のピッチングで相手打者をばったばったとなぎ倒し、最後は植ちゃんがきっちりと締めて、なんとも渋い勝利を収めた。

少ないチャンスをクリーンアップがきっちりと返しすという理想の形を作った。四球で出れば足を使える選手も増えたため、ヒット数以上のチャンスメイクが可能となった。
しかしまだまだ要所要所でのサイン見逃しもあり、そのあたりは今後の課題となりそう。

そしてこの日は、以前の大注意大会があっての初戦。どうなるかと思われたが、全員でバットを引き、ファールボールも拾いに行った。声出し・ハッスルプレーはやはり一休が飛び出ていたが、ベンチからも野手からも良く出ていた。

ただ、試合前の体操の指揮がいないことや、遅刻者が出るなど、相変わらずの緩み具合も引き続き顔を出した。
出来てないものは出来る様に頑張り、出来ている人間は出来ていないものを出来るように声をかけたり背中を押したりして、野球と一緒で皆で一つの目標に向かって協力し合いながら進みましょう。

簡単そうで実はとても難しい作業ですが、もしも皆さん一人一人にとって大阪カープスが大事な場所であれば、その場所を守るのはチームを大好きな自分たちです。自分たちが大好きなチームを、イマまでのまま大好きなチームであるように努力し持続し、更には成長していきましょう!!

[embedyt]https://youtu.be/c_HKfjZwHG4[/embedyt]