大阪カープス初となるアベックホームラン初お目見え

2017年8月7日 試合

9時スタートと言うことで太陽がまだ高くない割りに、むしっとする高温に加えての高い湿度という環境下、黒土と芝がはえる美しい浜甲子園野球場にてSix O’Clockと試合を行ってきました。

1回
少しの間日本を離れるリョウの思いで作りの為この日は先頭打者。粘って四球を選び盗塁で無死2塁。
2番ヒロキのサードゴロの間に3塁へ進塁するもクリーンナップが共に凡打で終わり無失点。

2回
1死から好調を維持しているしっさんがセンター前に運び出塁すると、さっちゃん失策、ムーさん死球で満塁のビッグチャンス。
ここで1番リョウに期待がもたれたが鋭く打ち返した打球はセンター真正面で得点には至らなかった。

3回もあっさりと三者凡退に終わってしまう。

4回
先頭のニッシーがライト前ヒットで出塁すると、7番キャントクが狭いレフトへ本塁打を放ちようやくこの日の得点が大阪カープスに入る。

5回
先頭のリョウがセンター前に火の出るようなヒットで出塁すると、2番ヒロキのサードゴロの間にセカンドへ。
ジュンペイの三遊間へのあたりは相手チームの好守に合い捕球されるもジュンペイの足を見て送球されなかったため内野安打となった。

1死1.2塁のチャンスに4番植ちゃんの打球はサードゴロに、このサードゴロでリョウがフォースアウトになり1死1.2塁。
ジュンペイがサードに盗塁をし、これを刺そうとした捕手の送球がレフトに流れる間にジュンペイは一気にホームを駆け抜け1点を返す。

6回
しっさんが四球選び出塁すると、まさかの盗塁で2塁へ進塁。キャントクのショートゴロの間にサードへ到達。
さっちゃんのサードーゴロのでサードのしっさんがまさかのホームアタックを試みるもタッチアウトになる。

入れ替わりで出塁したさっちゃんは好走塁で2つの盗塁を決め2死3塁のチャンスを足で作るもムーさんが三振に倒れ、またもや1点が遠のいた。

7回
先頭のリョウがこの日2本目のセンター前に出塁すると続くヒロキは死球になり無死1.2塁。
ジュンペイのショートへの打球は一旦エラーになるも、すぐに捕球しサードに投げた為、セカンドランナーのリョウがフォースアウト。

1死1.2塁のチャンスで打席にはこの日全く良い所無しの4番植ちゃん。
キャントクがホームランを打つとすぐムキなる男が振りぬいた打球は天高く舞い上がり、超滞空時間を持ってスタンドイン。まさかまさかのスリーランで試合を一気に降り出しに戻して見せた。

しかし、キャントクから継投し、粘投を見せていたサファテイマも最後の最後で力尽きサヨナラ負けとなった。
久しぶりの先発なったキャントクは3回を投げてノーヒットに抑えるも毎度の四死球のオンパレードでチームのリズムを壊してその失点が最後まで尾を引き敗戦となった。

試合には負けたが、課題となっているバット引きに声出しは良くできており、久しぶりのゲスト出場となったコウヘイはその中でも飛びぬけて大きな声を出し、常連組みにそういった姿でハッパをかけていた。

この日のコウヘイしかり、どんどん怪我組みがそろそろ戻ってきます。常連組みは彼を押さえ込めるほど頑張っているでしょうか?彼がいない間がむしゃらに野球に取り組み、差を広げれたでしょうか?
メンバー募集も引き続きかけていきます。新人さんも入ってきます。
今一度自分自身の姿を客観的に見て、足りないものがあれば貪欲に向き合い、自分のポジションを守っていきましょう。

[embedyt]https://youtu.be/0G206MgdhNo[/embedyt]