勝利に謙虚に。課題に真剣に。

2017年8月21日 試合

かなり前から御連絡のやり取りをして、ようやくたどり着いた試合、日野レンジャース戦が相変わらずの真夏天気のホーム海老江で行われました。

1回
先頭のジュンペイがいきなりセンターを破るツーベースで出塁すると盗塁で三塁へ。捕手のサードへのけん制が外れる間にホームインし先制点を上げる。

3番トミさんの打球はライト前に抜けようかという当たりだったが、セカンドの好プレーで阻まれるも、送球が悪送球になりテイクワンベースでセカンドへ。
そしてすかさず盗塁でサードへ到達すると5番キャントクが珍しく犠牲フライを放ち2点目をあげる。

2回
イマムーがセカンドの悪送球でセカンドへ行くとYUZUの久しぶりの会心の当たりのヒットで無死1塁3塁。打席のさっちゃんは死球で満塁になる。
ジュンペイの打席の時の暴投で1点をあげ、ジュンペイは四球で再び満塁。
2番ニッシーのあたりはセンターへの犠牲フライに思われたが、サードランナーのYUZUはホームでタッチアウトになり、トミさんの打席で捕手がサードにけん制をするも悪

送球になりさッちゃんがホームイン。ジュンペイはサードを狙うもアウトになりチェンジ。

3回
トミさん、植ちゃんが相次いでヒットで出塁すると、5番キャントクが引っ張りぬいた打球はサードのグローブを弾きラインを超え、セカンドランナーのトミさんが生還し1点を追加する。

4回
9番さっちゃんが打ち返した打球はレフトの頭を超えバウンドして策を超えエンタイトルツーベースになり、すかさず盗塁で1死三塁。
ニッシーの打球はボテボテで、深く守っていたセカンドが追いつけずにニッシーの足が勝り内野安打になりさっちゃんがこの間にホームを付き1点を追加する。

5回
植ちゃんがショート後ろのテキサス性のヒットで出塁するとキャントクのあたりは猛烈なスピンで相手エラーを誘い無死1・2塁のチャンスを作るとしっさんは匠のバントでチャンスメイクする。
イマムーは四球を選び満塁。YUZUの打席で再び捕手からのサードへの悪送球があり植ちゃんが生還。
9番さっちゃんのレフトフライにキャントクがゴジラのごとく地面を揺らしタッチアップで生還し2点目をあげた。

6回は三人淡白に終わり、7回
先頭のしっさんが四球で出るとイマムーは送りバント1死2塁。
9番さっちゃんはセンター横を抜けるツーベースを放ちしっさんはホームイン。ジュンペイのショートゴロはエラーになりさっちゃんも生還する。

きわめつけはニッシーのセンターオーバーツーベースでジュンペイがホームインで試合を決めた。

投げてはイマムーが相変わらずの安定したピッチングを披露し6回を1失点。しめはさっちゃんが初登板。2失点するも豪腕の片鱗を見せて試合をしめた。

打って、隙があれば走ると言う最近の大阪カープスを象徴するような試合展開で終わってみれば11安打11得点の猛攻を見せた。
イマムーもスロースターターながら要所を締めるピッチングで完全に大阪カープスの先発柱の一本となった。
守っては復活のヒカちゃんが試合で始めて打球を補給するビッグプレーを見せた!

しかしそんな中でも、サインの見落とし、返球の雑さ、牽制球の見落としなど課題も多く残った試合となった。
勝った試合のミスは見落とされがちだが、勝った試合こそ振り返って、もっと点が取れたのではないか?と再確認が必要な試合です。

弱小チームは天狗になったらその瞬間に全てが終わります。
大阪カープスはいつまでも挑戦者で、いつまでも上を目指して成長していきましょう!!

[embedyt]https://youtu.be/iyVlurCCQ70[/embedyt]