弱小大阪カープスのバッジを胸に永遠の努力を楽しもう

2017年10月9日 試合

大阪草野球リーグを制し勢いに乗る大阪カープスですが、今年の年末大練習時期を前に最後の試合経験を積む為に秋試合締めであるシックスオクロック戦に挑みました。

1回
先頭のジュンペイがライトエラーによって出塁するといつものジュンペイ快速劇場で三塁を陥れます。
このチャンスに二番に入ったリョウはレフトに鋭い当たりを放ち、強敵相手に先制点を上げる。

その後リョウは盗塁で二塁へ行くもクリーンアップが惨敗で1点のみで終わってしまう。

2回
1死からコウヘイが右中間を突き破るツーベースで出塁するも、三塁盗塁が失敗に終わり、チャンスをついえてしまう。

3回
先頭のヒカちゃんが初のスタメン打席で放った打球はセカンド前で大きくはね、野手が捕球する前に全力疾走で一塁を走りぬけ初打席初ヒットの大偉業を成し遂げる。その後盗塁も決める活躍を見せた。

しかし無死一塁のチャンスも後続が続かずここも無得点に終わる。

4回
今さんが内野安打で出塁すると、1死でコウヘイがこの日二本目のヒットで援護し、自身も盗塁で1死2.3塁のチャンスを迎えたが、ここも後続が続かず無得点に終わってしまう。

5回
ここまでの悪い流れがとうとう相手に流れを渡してしまい、3回から連続失点を浴び厳しい状況で迎える。

ジュンペイはサードへの内野安打で出塁すると、ここもサインどおり果敢に2・3盗を狙うも、三盗が微妙な判定となりアウト!動画で確認した所、実はこれは完全にセーフでした。しかし、草野球ではこれがアウトになります。
この判定に対して嫌な顔せずベンチに帰ったジュンペイはナイスガイでしたし、これはジャッジ的にも正解で、選手の対応も正解です。

その後、リョウ、トミさんと二連続ヒットでチャンスを作るもやはり後続が続かず無得点に終わってしまう。

6回7回も淡白に終わり、終わってみれば8-1の大敗となった。

先発さっちゃんは初登板にもかかわらず落ち着いたマウンド裁きで3回を1失点に押さえ込む投球を披露し大きくアピールして見せた。
継投した今さんは肩を作る時間が上手く噛み合わず、調子が上がる前に失点をしてしまった。

早朝でしかも遠方での試合ということもあり、ほとんどが欠席する中での厳しいししとなった。
しかしそんな中でも2番リョウの活躍や先発さっちゃんも光るものが見えるなど、普段では見つけることが出来ない大きな収穫を得ることができた。

そしてこの日一番心に止めておかないといけないことは、この大敗の理由です。

この日はチャンスで四番が全て凡打に終わった。これは予想できたことです。植ちゃんは捕手に回ると打てません。これはキャントクが一番わかっていることです。しかしこの日は植ちゃん以外捕手は出来ませんでした。

それに加え5番も不在、ポジションもバラバラと言う中での試合。全てが噛み合いませんでした。それはプレーだけではなく、気の流れも大きく乱れていました。
いくら個人の能力が高い選手を並べても、やはりそれで勝利への確立を上げれないのが野球です。それが野球の醍醐味です。

ここ最近勝率が以上に高かった大阪カープスは、そのベストメンバーで死に物狂いで練習をしてきたことで、プレーと心の絆を紡いできました。それが現在非常に噛み合って、とても良い状態にあります。

 

しかし、一つ歯車が外れればこの状態です。これが現実の大阪カープスです。

大阪カープスはまだまだ薄い薄しガラスで出来た脆い物です。しかしその脆いガラスでもこれだけ時間をかけて作り上げてきました。
今後は控え選手も含め、もっと全体としての能力の底上げをしていかなくてはいけません。

それにはスタメン選手のもっとストイックな姿や、控え選手の貪欲なハングリー精神が必要不可欠です。
この脆いガラス板を少しづつ全員の努力で厚くしていきましょう。

 

大阪カープス!!!まだまだやる事だらけだぜ!!!!
大阪カープス!!!もっと野球しようぜ!!!

[embedyt]https://youtu.be/VPxFpzsR_u8[/embedyt]