お祭り試合の裏で見えた今後の大きな分かれ道

2017年10月16日 試合

朝のSixO’clock戦に続き、夜はプロ顔負けの球場、南港中央野球場にて大阪カープス初のナイターでの試合が行われました。
電光掲示板に名前が載り、得点、BSOカウントを表示させるなど豪華な1夜となりました。

1回
ヒロキが振り逃げで出塁すると、暴投と盗塁で3塁へ。
2番リョウは四球を選び盗塁で無死2、3塁のチャンスを得ると、3番富さんのピッチャーゴロの間にヒロキがナイス判断でホームへ戻り先制点を挙げる。

リョウも同じく植ちゃんのピッチャーゴロの間に帰還し初回に2点を挙げる。

2回はさっちゃんにヒットが出るものの得点に繋がらず3回
先頭のリョウがサード内野安打のあたりに野手が焦って悪送球をし2塁へ。

富さんのショートゴロも野手がファーストへ悪送球し富さんは2塁へ、三塁のリョウはホームに戻り追加点。富さんは3塁へ盗塁。

植ちゃんときゃんとくは死球で満塁になり、しっさん、さっちゃんも連続死四球で押し出しによる得点。

4回
富さんは内野安打で出塁後盗塁で二塁へ行くと、4番植ちゃんの当たりは左中間を破る安打で富さんが戻り得点。
その後一休は四球、しっさんは失策により出塁するとムーさん、しっさん、ヒロキが連続安打で一気に6得点を挙げ突き放しにかかる。

5回
1死から植ちゃんが振りぬいた打球はセンターを大きく超え3塁打になり、続く一休の打球はライトの頭をこれまた大きく超え何と一休は一気にホームまで走り抜けランニングホームランになる。一休これが大阪カープスでの初本塁打となる。最近バッティングが不調だっただけに嬉しい一本となった。

6回は淡白に終わり、投げては植ちゃんが4回を無失点、継投したスケ丸が5回を剛速球でぴしゃりと抑えて完封リレーを見せ、大差での勝利となった。

今回の試合、植ちゃんさっちゃんが、1年間頑張ってきたメンバーにご褒美の意味を込めて一生懸命裏で動いてくれました。
当たり前のように電光掲示板に表示された名前は、試合前に二人が施設内で打ち込み行為をしてくれたおかげです。
次回あったときには「ありがとう!」と一声かけてあげてください。

この日は午前中は人数不足、ナイターでは人数はいたものの電光掲示板の入力作業などに手を取られてかなりバタバタしました。
この中で見えてきたことがあります。

それは野球のプレイ以外で野球をしていくうえで大事なことが、まだ全員で認識できていないという事です。
全員が常に大きな視野で目を広げ、プレイをしていくうえで「今これでいいか?」と「意識」しなければなりません。そしてある程度はそれに対して対応できる準備をしなければなりません。

例えば審判の技術、コーチボックスの技術、スコアの記帳スキル、ビデオの撮影スキル、小さなところでいえばネクストバッターが誰かくらいは把握して、いなければ声をかけるくらいは自発的にしていかなければいけません。

今日まではきゃんとくやマネージャーが一手にそういった事をしてきましたが、一点集中型で行える時はいいですが、この日のようにそれ以上に手が突然かかったときはすぐにシステムは停止してしまいます。
そして何よりも、今後いつまでも二人が永遠にここにいる訳ではありません。そうなった時にその場から始めれることではありません。プレイと同じで日々準備をしていかなくてはいけません。

今後、動画もないブログもない、いつもネクストにも人がいないと後手後手の悲しい運営のチームにいたければ今のままで良いと思いますが、「自分たちが楽しいと思った」環境を今後も新しい人たちにも感じていってほしいと願うのであれば、そろそろ皆で業務を分担してく準備、努力をしかないと本当に手遅れになってしまいます。

またこのことは皆にも是非を問います。

特殊なチームだけに起こる問題ではありますが、もしそれを求めて大阪カープスにきて、それが楽しかったのであればやはり個人的には続けていってほしいと思います。
森の伐採も同じですよね。切ってお金を得るのはいいですが、自分たちが良ければいいのではなくて、次の世代にも同じ収入を得てもらうために、植樹も行いますよね。皆さんもそろそろ植樹の準備をしてほしいと思っています。

そしてそれをすることで、また新しい野球観が見えてくるはずです。そしてそれはとても素晴らしい景色のはずです。

[embedyt]https://youtu.be/t2DGJs7_Et8[/embedyt]