大阪カープスの淀川打線が久しぶりの大爆発!!

2017年12月11日 試合

恒例となった大阪カープスが試合の時は暖かくなるという気候の下、今季の最終試合が行われました。
対戦相手はここまで二連敗中の強豪SixO’clockです。

1回
この日一番に起用されたスケ丸がいきなりレフトに運び出塁。
大学合格の2番リョウはライトフライに倒れ、3番富さんは四球を選ぶと、四番植ちゃんの打席での暴投で各ランナーが進塁。二死2塁3塁のチャンスを迎える。
植ちゃんはセカンドフライに終わったが、上り調子の一休がレフトに鋭い当たりをはなち2人が生還し先制点を挙げる。

2回3回は久しぶりにムーさんがヒットを放つが後続続かず淡白に終わってしまう。

4回
先頭の一休が完全復活をアピールする二本目を放ち出塁すると2盗塁を決め一気に三塁へ。
キャントクは見事に三振で倒れるが7番ヒロキの打席での暴投で一休は帰還。四球で出たヒロキも2盗塁で3塁へ到達すると8番ムーさんのこの日二本目のヒットで帰還する。そして何とムーさんも盗塁を決め二塁へ行くと、9番さっちゃんのサードゴロの間に三塁へ進塁する。

そして先頭に打順は戻りスケ丸。打った打球はセンター頭を超えムーさんが生還。スケ丸は2塁に到達し、すかさず盗塁で2死3塁。
リョウの打球をサードが失策する間にスケ丸はホームインする。失策で出塁したリョウも盗塁で2塁へ。

3番富さんは最近スランプ気味で心配されたが、振りぬいた打球はレフトの遥か上を超えエンタイトルツーベースになりリョウが生還。
チャンスは続いたが植ちゃんは相手投手の変化球に翻弄され三振に終わり、5得点で終わる。

5回
先頭一休は良い当たりもセンターフライに終わる。6番キャントクは偶然バットに当たった球がフラフラ上がりレフトオーバーでエンツー。8番ムーさんの投手ゴロの間にキャントクは三塁へ進塁し、送球が荒れる間にホームインして追加点を挙げる。

6回
先頭スケ丸がショートゴロで倒れると、そこから3連続四球で満塁のチャンスになる。
5番一休が放った打球は簡単なサードゴロだったが悪送球で失策となり点が入る。6番キャントクが放った打球はあわやホームランというあたりだったが、惜しくも策は越えておらずエンタイトルツーベースになり、2点が入る。

7番ヒロキの代打で出た瞬はサードゴロに倒れるも一休がその間にホーム落としいれ追加点が入り2死となるが、自分のヒットでのぼせ上ったキャントクがアウトカウントを間違え塁を離れ、そこをタッチされてアウトに・・・・。まだまだあったチャンスを切ってしまう。

7回
1死からこの日二本目を放ち出塁すると2盗塁で3塁へ、そして先頭スケ丸が猛打賞となる3本目を放ちさっちゃんが生還。スケ丸も盗塁を決め2塁へいくとリョウのファーストゴロの間に三塁へ。
3番富さんは四球を選び、2死1.3塁のチャンスでここまで絶不調の4番植ちゃんは、うっ憤を晴らすべく振りぬいた打球はレフト頭上を越えツーベースになりスケ丸が生還。
一休は四球を選びチャンスメイクに徹する。

そして6番キャントクは外のカーブを強引に右へ運び2人が生還し4点が入った。

投げては先発植ちゃんがM号の特性を生かした快刀乱麻のピッチングを見せ4回を無失点に抑えると、5回から継投したエビエンエクスプレスのスケ丸も毎度の快速球を見せつけ無失点継投で強豪強打のSixO’clockを完封して見せた。
見ての通り打線は14安打16盗塁の隙のない野球を披露し16点を挙げ圧倒した。

結果だけで見ると非常に大味な試合だが、一つ一つの点はとても丁寧にあげられていてキャントクのポンミス以外大きなミスはなかった。
グランド以外ではGGの声出しやバット拾いなどの姿がとても輝いていました。その他ファールボール取りも全員が率先していくなど、試合だけに集中できる環境が、皆の気遣いのおかげで出来上がっていました。

あと、外野陣のカバーへの動きがとても秀逸で、非常に強固なチームワークディフェンスとなっていました。

この日は主審に日本一の審判「宮辻さん」が来てくれました。初心貫徹の「選手が主人公のジャッジ」「めりはりある平等なジャッジ」「見ていて楽しい格好良いアクション」を全力で見せてくれていつもの2時間の試合が更に華やかになりました。
宮辻さん率いるスカイグループの方皆さん本当に草野球で一番気持ちい良いラインをきっちりとして下さるので、本当に野球だけに集中でき、そしてなおかつ2時間がとても贅沢な時間になります。本当に1年ありがとうございました!そして来年も大阪草野球リーグも含めよろしくお願いいたします!!

[embedyt]https://youtu.be/8GbkRhKhDOI[/embedyt]