冬の苦労なくして球春は来ない

2018年1月22日 練習

水曜日に猛威的に降った雨の為にこの日もグランド整備からスタート。数箇所ある水溜りを全員で埋めていきました。

整備後は結果的に超ロングランとなったキャッチボールから練習がスタート。「あれ、俺が掛け声するんですか?」そんな顔合わせからヘトヘトになるほどの時間キャッチボールを行いました。これは意外と良い出始めでした。

ここからは怒涛のノックタイム。内外野一体のノックから内野に集まってのノックが行われました。
色々な形式のノックを行い、ラストはさっちゃんヒロキタッグ恒例の「声出しノック」です。声を大きく出している人のみにノックを打つというもので、グランドに元気な声がこの日もこだましました。

植ちゃんの今季絶望報告を受けて(後述あり)投手テストをしました。投手は引退すると決めていたキャントクの肩作り初めから始まり、おっくんの投球練習、さっちゃんの投球練習とおこなわれました。
その流れでフリーバッティングを敢行。おっくんの切れのあるストレートと変化球に、まだ体が出来ていない面々は切りきりまい。さっちゃんのアンダースローデビューも華々しく打者を翻弄しました。

休憩一切無しの20回分ノンストップシートノックを行いました。
この日は出席率が高いことが予想されるメンバーが揃ったので思い切って長時間シートを敢行。春を前にまずは手始めにお互いの感覚を感じてもらいました。「集中!」という謎のうめき声が響き渡るカオスな状態でしたが、しんどい中でもその様な笑顔がこぼれあう良い集中力が保たれた練習でした。

1パッキンロングティーを行いました。
もうここまでノックにシートにほぼ休憩無しで行われてきた本日の練習のしめはロングティー。1パッキンでももおう限界を超えたメンバーには地獄。しかしこれをやりきるんだ!という強い意思が伝わってくる練習風景で、全員が終わったとに倒れこむ姿は輝いていました。

全メンバーはこれで練習終わりですが、おっくんだけは締めの地獄ノック開始!
既に投球やノックで肩はも足もパンパンで動くことすらままならない中、10分間立て続けに打ち込まれる打球に最後まで歯を食いしばり捕りに向かいました。

冬の中にふと訪れたひと時の春日和。立っていても少し汗ばむそんな恵まれた気候の中、選手達はそのときを1秒たりとも無駄にせず4時間を走り抜けました。本当に全選手が倒れこむほど自分を追い込みました。

今季絶望視された植ちゃんですが、この少し顔を出してくれてひょっとしたら戻ってこれる可能性もあると報告をもらいました。
まだ確証はありませんが、何とか四番でエースが不在のこの大ピンチをメンバー全員で守っていきましょう!

この日は全員が倒れこむほどに限界まで追い詰めた練習をしました。来週からはまた寒波襲来でこのような無理な練習は出来ません。それゆえ冬の隙間のこの一日を乗り切ったことは非常に意味があります。そしてその差はたった一日であっても春には大きな差になっています。スタメン競争も激化しています!つまらなく感じる冬場ですが、それを無駄にせず乗り切ることが、春の野球を楽しめる唯一の方法です。野球が好きと言うのならばそこに筋を通し、これからも楽しいときも辛い時も、一生懸命野球に向き合いましょう!

[embedyt]https://youtu.be/AjHW2YC-S7E[/embedyt]