意識を変えれば取り組みも変わる

2018年1月28日 練習
大阪の草野球チームの大阪カープスではメンバーやマネージャーさん募集中

大阪の草野球チームの大阪カープスではメンバーやマネージャーさん募集中

雪降りしきる、極寒!突風!の中30分近くをかけ荒れたグランドを整備し練習を開始。
家から出ることさえも億劫な状況の中11人の精鋭がそろい大好きな野球に全力を出し切りました。

ここ最近となっては毎度の光景となった土堀り、土運び、水出し、穴埋め。疲れながらも本当に皆が当たり前のように手際よくグランドを綺麗にしていく姿はなかなか見ものです。いやはやしかし、月曜日の雨が抜けなくなってきましたね・・・・。そろそろ本腰を入れて淀川河川公園の方々、グランド1と2の手入れお願いいたします・・・。

大阪の草野球チームの大阪カープスではメンバーやマネージャーさん募集中

長めのキャッチボールから、内野ノックへと移行しました。
寒いのは体を動かせばどうにかなりますが、やはりかじかむ指はどうしようもなく、差し入れホッカイロをポッケに忍ばせ対応するしかなく、皆送球が荒れがちでした。

大阪の草野球チームの大阪カープスではメンバーやマネージャーさん募集中

外野ノックを開始。内野には二名が中継に入り外野の捕球というよりも、捕球したああとの連携におもむきをおいた練習となりました。
終始大阪カープスの課題となっているこの部分ですが、やはりこの日も外野からの送球が定まらず40分ほどこの練習を続けました。

「捕球して内野に投げる」距離で言ってもやっていることはそれはキャッチボールとさほど変わりません。しかしそれが「中継に投げる」という概念になると途端に制球がぶれます。
当然技術的な部分も多々ありますが、やはり大きな要因として「捕球して中継に投げる」という意識の鍛錬が積み重なっていないことがも大きな要因と考えられます。

大阪の草野球チームの大阪カープスではメンバーやマネージャーさん募集中

これはずっと口酸っぱく言っている事ですが、いかに普段からキャッチボールの時にこのことを意識してボールを受けて投げているか、違いが出てきます。
なんとなく肩を温めるためのキャッチボールではなく、これは一球一球中継に返す送球なんだ、という意識を持っているかです。そうすれば受け方も変わります、投げる意識も変わります。その準備があれば練習でも結果も取り組み方も変わってきます。

この日、少し厳しく外野メンバーに伝えたことがあります。
今、チャンスだとわかっていますか?昨年首位打者のジュンペイ、即戦力が期待されるGGが相次いで欠席が続く中、し烈な外野争奪戦で今来れているメンバー達はとても優位な状況なんです。だからこのチャンスを絶対に掴まなければいけない!そういった意識はあるか?スタメンを譲らないぞ!!って思って欲しい!

大阪カープスでは当然出席率が大きなスタメン権への比重を占めますが、やはりある程度試合を崩さない、という事もそこには入ってきます。現状今のメンバーで外野を構成するとシングルヒットが全てダブルになってしまい試合を大きく崩してしまいます。そうなるとそこに一本柱を置かないといけません。

それらを踏まえ、今日まで寒い中練習頑張っている面々には、何とかスタメンを奪え!!!!!そう強く強く思うのです。
だからこそ意識をもっと高く強く持って、もう一歩前に踏み出して欲しいです。

大阪の草野球チームの大阪カープスではメンバーやマネージャーさん募集中

2パッキンロングティーを行いました。
80球近い球を連続で打つことはとてもしんどいことで、ある程度体力があるメンバーでも倒れこんでしまうハードメニューです。くたくたになりながらもメンバーはこなしますが、大阪の草野球チームでこの練習をそもそも最後までこなせる面々はそうはいないでしょう。本当毎回皆良く頑張っています。

大阪の草野球チームの大阪カープスではメンバーやマネージャーさん募集中

今回も休憩ゼロでノンストップ20回シートノックを敢行!!グランド整備からここまで全力で練習を行い、更には極寒、降雪、突風の中、ヘトヘトになりながらもなんとかこれも乗り切りました。
「野球がすき」このメンバーにこの言葉を彼らは言う権利がありますね。

大阪の草野球チームの大阪カープスではメンバーやマネージャーさん募集中

ラストは流す感じでノックを行い、ポロが多いニッシーだけはそのまま地獄ノック突入!
変なあえぎ声を上げながらも最後までボールに喰らいつき、ベテランが姿でメンバーにエールを送りました。

何と来月に永遠のライバルであるスリーピラーズとの試合が決定!
離脱に怪我に大波乱の大阪カープスですが、全員野球でこれを乗り越えていきましょう!!!

[embedyt]https://youtu.be/I-Aq5RqQA2U[/embedyt]