傷をなめあうな!切磋琢磨しよう!

2018年3月4日 練習

とうとう3月のブランクを経て、「淀の番町」がグランドに帰ってきました。ジュンペイも復帰で昨年の2代バットマンが完全復帰でスタメンを脅かします。

クマさん体操に入念なキャッチボールといういつもの大事なルーティーンをこなしたとは、内外野に分かれてのノック。
この日から外野陣には一本バック禁止令がでました。やはりここ最近の荒れる送球を続けていてはいつか試合で大きなミスに繋がるので、まずは中継にきちんと返すことを徹底することにしました。

特にリョウには名指しで「出席率も高い、守備範囲も広い、バッティングも良い。だから使いたいけど、今のプレーではあまりに危険が多すぎて使えないから、だから意識を変えて君を使わせてくれ」と話をしました。
リョウだけに限らず身体能力の高い選手は、やはりその力を発揮したくてうずうずします。しかしその多くはその力を上手くコントロールできません。

今後その持っている能力を全力で使う為にも、まずは精度を上げる地盤が必要です。すこしつまらなく感じるかもしれませんが、そのほう方法か本当に持っている力を最終的に出し切るにはその道しかありません。
今の本能のままに粗ぶる力を解放するだけではずっとベンチを暖めることになりますし、それはチームワークではなく、個人プレーです。それはもはや野球ではありません。

厳しい言葉と思いますが、私にはその様な持って生まれたバネもセンスもありません。だからその類まれな原石を最高に輝く方向へ思って行きたいと思います。その力はチームに必要です。
頑張って大きな目標への苦しい道を一緒に進みましょう。

守備練習メインの実践シートノックを行いました。投手には植ちゃんを起用しました。相変わらずの打ちやすい球で(笑)皆がポンポンヒットを打つので良い練習になりました。
この日から富さんが実践練習に復帰でショートを守りました。しかしやはりブランクは隠せず色々な面で小さなミスが目立ちましたが、昨年一年の実績と勘があるので開幕までにはあわせてくれるでしょうし、もし穴が出来るようであればおっくんや復帰を果たした植ちゃん、更にはマーさんも虎視眈々とそこを狙っているというなかなかの構図になっています。

内野ではGGがファーストと言う大阪カープスでは珍しく結構スカスカなポジションを狙って孤軍奮闘中。一球をぴったりコーチにつけて頑張っています。まだまだ甘い所も見えますが、日々野球に取り組む姿勢も上がっているように見え今後の活躍が楽しみです。
コーチしてくれている一球も本当はライバルですが、彼も練習しながら教えてくれています。一つ一つの言葉を大事にしてください。

レフトのヒロキはまだまだ送球スランプ真っ只中。しかしセンターリョウへの声かけをはじめ内野にもよく声が響いていました。なかなか万全では野球は出来ません。バッティングだって10回中7回は失敗です。だからこそその悪い時に何が出来るかが大事です。今は一生懸命走る、声を出す、与えられた練習の中で全力を出し切る、それが今、スランプが無く出来る事です。その中からきっと光明が見えてきます。乗り切りましょう。
どうしても送球が上手くいかなければ植ちゃん他経験者が豊富なチームです。集合に早く来て、皆の意見を聞くなどしてみてはどうでしょうか。

野球経験者からの生のコーチングはレッスンに行くとなかなかの金額です。本などを見てもなかなかコツはつかめませんが、目の前で手取り足取り教えてもらえると非常にわかりやすいです。それほど貴重なメンバーが周りに沢山います。投げ方もそうですが、練習方法なども聞いて、家でも少しづつ取り組めば、1週間に1回の練習のありがたみ、キャッチボールが出来るありがたみも再確認出来るのではないでしょうか。
これはシュンなどもそうです。どんどんコツをいいてみてはいかがでしょうか。

1ヶ月休憩前のキャントクピッチングでフリーバッティングを行い、その後はシートノックをしました。
この日は実践シートノックで5回を投げきり、シートノックではノッカー、内外野ノックでも外野ノックを行うなど4時間ずっと裏方で動いてくれた植ちゃんは高校生以来のマメをつぶし、ぎっくり腰と本当にボロボロになるまで奮闘してくれました。

昨年の最多勝で高打率、ホームラン王と名だたる代表選手でも出席率が低ければきっちりと裏方をこなし、その中でも全力で精一杯動いてくれる。これが大阪カープス野球です。
だからこそ今スタメンにいるメンバー達はそれを当たり前と捉えず、一生懸命頑張ってください。その下にはそんな彼らがチャンスをうかがっています。

チームワークであり、ライバルであり、、友である。
傷をなめあうのではなく、お互いを刺激しあう、助け合える仲間でいましょう。
それが大阪カープス、男の道。

[embedyt]https://youtu.be/WB_uknBsXy8[/embedyt]