皆様へお知らせ

2018年3月10日 お知らせ

大阪カープスメンバーへ
大阪カープスファンの皆様へ

 

大変恐縮ですがすこし私用の事を書かせていただきます。
医療に詳しい方が見られた場合はお手数ですが最後まで読んでいただけますと幸いです。

今回キャントクに起こったことです。
ではお話をさせて頂きます。

 

ひょんなことから体調を崩し、今まで以上に調子が悪かったのでたまに行く名医さんのところまで診察に行きました。
その時になっていた症状も少し気妙でしたが、先生はそれよりも検尿から出る数値が異常なので、もうちゃんと腎臓の専門医の所に行きなさい、と紹介状を書いてもらいました。

キャントクは病院嫌いで病院に行く時はインフルのときくらいです。
しかしその度に「尿から血とタンパクが出ている。高熱の時にはでやすいけど気をつけるように」と、再三言われていましたが「まあ、今だけだろう」と大きくは捉えていませんでしたが、その日は出ていた量があまりに多く、ついでにその風邪のような症状もありましたので「これは一度専門医に見てもらいなさい」という事で、腎臓の専門医の方を紹介していただき紹介状の元診ていただく事になりました。

色々な検査をしましたが、やはり腎生検という検査方法でないと詳細はわからないという事で、その施術を受けました。

 

検査結果の末病名が判明しました、病名は

「Iga腎症」

という、何と指定難病で、しかもかなりの末期でした。

体を守るはずの免疫が腎臓に付着し、腎臓を敵と思って攻撃する病気で、何故なるのかも解明されていない指定難病です。

早期であれば治る治療もあるのですが、末期と言うことで効くかどうかはわかりませんが進行を遅らせる為に同じ治療法である「扁桃腺切除+ステロイドパルス治療」をこれからします。

 

腎臓は一度破壊されると変えの効かない臓器で何とも困ったもので、今出来る事はこの治療と残っている臓器の負担軽減を目指し食事制限をすることです。
しかし進行性なのであくまで遅らせることが狙いです。

絶望に見え、確かに絶望と言えば絶望ですが、まあ、「はい、おわり」と言われたわけではなく、今出来る事もあるのでそれを一生懸命するつもりです。
腎臓病は体は至って健康なのでこれからも野球はしますので御安心ください。