春と共にチームワークの蕾も膨らむ

2018年3月19日 練習

前日の雨の影響で濡れたグランドを皆で手分けして整備し、雲ひとつ無い快晴の春空の下、練習が行われました。

体操、クマさん体操、キャッチボールといつものルーティーンをこなした後は内外野に分かれてのノックスタート。
内野はぼこぼこに固まった場所と、それぞれ深い場所がズクズクになっており、とてもバウンドが難しい状態でした。
外野は左中間あたりが特に冠水しており、走れば水しぶきがあがるうえ、上空にとても強い風が巻いているなど非常に状態が悪い中での練習となりましたが、皆文句も言わず、黙々とノックを受けていました。

シートノックを行いました。来週に控えた試合を想定し入念に行われました。
ショートは肘の調子が戻ってきた富さんと、怪我がまだ治りきっていないマーさんを交互に、捕手もムーさんと一球を順番に配置するなどより実践的な練習をしました。

鳴り物入りの時は絶好調だったおっくんは絶賛不調中ですが、怖がらずに色々試してください。ただしそれは何も考えずにむやみにするのではなく、調子が悪い時にはワンバウンドで投げようか、高く浮いているときはどう投げようかなど、一球一球意図を持って取り組んでくれれば暴投はただのエラーではなく、復調への糧となります。練習はそのためにあります。急がず一歩一歩踏みしめて進んでください。今の苦しみをきっちりと乗り越えれば、それは次またスランプになったときにいち早く脱出できる経験となります。

シートでは始め富さんとスケ丸が控えでしたが率先して富さんがランナーに行ってくれるとスケ丸も追随してランナーになってくれるなど、本当にベテラン選手が「今出来る事」に全力を注いでくれる姿は皆の心を引っ張ってくれます。

連続で長時間実践フリーバッティングを行いました。
投手はスケ丸を起用し速球や鋭い変化球に各選手チャレンジしました。継投でさっちゃんも投げましたが、初めて軽くのつもりがやはりむきになってしまうさっちゃんでした。

年明けから野球大好きな気持ちが先行しすぎていて大きな力が荒れていたチーム内ですが、開幕を控えここに来て少しづつまとまりつつある感じを受けます。
全選手が何を意図して練習をしているのかがわかるようになって来ました。それは選手自身が今足りていいない部分を自分で把握しどうにかしようとしている証拠で、それはとても素晴らしい事です。

一球の出席も増えてきて大阪カープスの二代捕手が揃い踏みとなっていますが、ムーさんも一球も本当に良く声を出します。更には二人とも別ポジションの時も一生懸命そのポジションを練習し切磋琢磨している姿が見受けられます。与えられたポジションで全力を尽くす両選手です、捕手と言う要でも良くメンバーが見えており、本当に大阪カープスは捕手に恵まれています。

シーズン本番に向けて出来る所までもっともっと限界まで精度を上げていきましょう。

追伸:先週はキャントクがお休みでしたので動画・記事共にお休みとなり申し訳ございませんでした。来月の頭にも一度お休みを頂く形となりますので御了承ください。

[embedyt]https://youtu.be/hOejLsV-qgw[/embedyt]