負けて得たものは成長への大きな糧

2018年3月26日 試合

ホームで久しぶりとなる新たなライバルとなったシックスオクロックとの練習試合が行われました。
ちぎれ雲が漂うスポーツ日和でしたが、上空には渦巻く風が吹いており、試合の波乱を占っているようでした。

1回
先頭のヒロキが死球で出るも後続が続かず0点。
2回も5番おっくんがセンター前に運び出塁し内野ゴロの間にサードまで到達するもチャンスをいかせず無得点に終わった。

3,4回も淡白に三者凡退に終わり嫌なムードが流れ始める。

5回
1死から代打ジュンペイが失策で出塁するとGGの内野ゴロの間に二塁へいき、盗塁で3塁へ。
9番張の打球はフラフラッとあがりセカンド後方で落ちてこれがタイムリーとなった。

6回
先頭のニッシーがセンター横を破るツーベースで出塁すると、3番リョウのセカンドゴロの間にサードへ。
代打植ちゃんのサードゴロでホームに突入し2点目をあげた。

7回8回も出塁はするもののチャンスをいかせず9回。
6番キャントクの放った打球は上手く風にも乗りホームランとなり追加点を挙げるも、反撃もここまで。

先発したスケ丸はタイミングを上手く合わされ、まさかの被弾に加え、シックス打線の真髄集中センター返しの洗礼を受け、あれよあれよと言う間に失点を重ねた。
継投した植ちゃん、さっちゃんは何とか踏み耐えたが、鉄壁のシックス守備陣にことごとくヒット性の当たりをアウトにされ手詰まりで敗戦となった。

確かに細かいエラーやミスは散見されたが、大方非常に締まった試合となった。
特に練習を重ねてきた外野からの中継返球は精度が上がっていた。

そんな中、ライトしゅんの成長は非常に目立った。全ての内野ゴロに全力でファーストカバーに入り、それは以前までのあわせダッシュではなく、ちゃんとファーストエラー時に捕球できるタイミングで走りこんでいた。集中力と共にスタミナアップも見せ付けた。

ヒットが中々でなかった原因には、やはり昨年の大阪カープスの主要打者、植ちゃん、ジュンペイ、キャントクがごっそり抜けていることは否めない。
しかしこの日スタメンで出たメンバーで何とかその部分を埋めなければいけない。
普段プライベートは忙しいと思うが、素振りや筋トレで何とか、彼らがいなくても俺達で何とかするんだ!という意気込みを見せて欲しい。

来月にはとうとう大阪カープスの大阪草野球リーグが開幕する!
絶対に負けられない戦いが迫っています!
負けて兜の緒を締めよ!
それが大阪カープス男の道!!

[embedyt]https://youtu.be/zIjFMb4yWl4[/embedyt]