大阪草野球リーグ開幕!最終回にドラマが待ち受ける!!

2018年4月27日 試合

とうとう来ました大阪草野球リーグ2018の到来です。
初戦は日に日に強さを増すイッセーBC。大阪カープスを徹底的に攻略してくる強敵に大阪カープスが挑みます。

1回
先頭のヒロキがセンター前に打ち返し出塁するとすかさず盗塁で二塁へ。すかさず三盗に挑むもここは失敗に終わりチャンスを逃す。
キャントクは「あれ?」と首をかしげる。「サインと違う・・」後々確認するとキャントクがサインを間違っていることが発覚!暗雲が立ち込める。

その後打線は淡白に終わりチェンジとなる。

2回
サイン間違いの会議中に植ちゃんがこっそりとホームランを放つも皆よそ見中でいまいち盛り上がらないホームランとなり、植ちゃんはハイタッチボイコットの目にあう。

5番オックンはサードに強烈な当たりを放ち出塁すると、これを皮切りに続くさっちゃんはラッキーなテキサス製ヒットで出塁。富さんはファーストゴロも相手野手のフィルダースチョイスでセーフとなりオックンもこの間に帰還した。

ムーさんの当たりもぼてぼてのサードゴロだったがホームに突入したさっちゃんを刺そうと相手野手がホームに送球するも、さっちゃんの華麗なスライディングでセーフになり記録上はフィルダースチョイスとなり追加点となった。
富さんも牽制球の暴投進塁で帰還しさらに得点する。

先頭に戻りヒロキはまたもヒットを放ちチャンスメイク。ここにきてなんとスクイズのサインが出るもちぐはぐとなり得点には至らなかった。

3回
先頭の4番植ちゃんがお次はライトに流すと、あわやホームランと言う打球でエンタイトルツーベースを放つ。
二人倒れて2死となり打席のさっちゃんが放った打球はまたもフラフラッとあがりぽとりと落ちるヒットで植ちゃんが好走塁でホームを陥れる。
ホーム送球時にさっちゃんは果敢にも二塁を狙うがイッセーBCの屋台骨立さんの好送球に刺されアウトとなる。

4回
ヒロキが猛打賞となる三本目のヒットを放つが前後の選手がそれを生かせず無得点に終わる。

5回
スケ丸、植ちゃんが相次いで死球となりチャンスを作ると、牽制が暴投となり無死二三塁。
このチャンスに代打今さんが放った打球は風に乗ればあわや本塁打と言う大飛球で、これが犠牲フライとなり追加点を上げる。

6回
ムーさん富さんのベテランコンビが連続安打するもいかせず無得点に終わる。

7回
猛打で追い込むもエラーの連続で気づけば9-6と逆転され最終回。
代打キャントクがあっさりキャッチャーフライに終わり敗戦ムードが漂うも、4番植ちゃんがこの日三本目となるヒットで出塁すると今さんが左中間を大きく破る2塁打でこれに続く。

チャンスで大砲オックンに回るも鋭い変化球にバットが回り2死となり万事休す。
ここでバッターボックスには5回から守備で登場しているGG。

いきなり引っ張りぬいた打球は超特大の3cmファール!!毎度の光景に全員から「左!左!!!!」と声が響く。
野球の世界では空振りの前の大ファールと言う言葉があるとおり、この後待っているのは三振と思われたが、思いっきり振りぬいた打球は一瞬で全選手から消え、それは遥か淀川の池の中へ飛び去った。
GGは線上で飛び上がり、それが最終回裏の同点スリーランと気づいた大阪カープスメンバーは一気にジャンピンジャンピンジャンピナウ!!

地面が揺れるような歓喜の声の中3人目にGGがホームイン!!!全選手の手洗い洗礼を受けた。
その後富さんもヒットで続いたが盗塁が刺されて時間切れゲームセット。
完全に負け試合だった流れを新戦力の一発で強引に引き戻した。

投げては先発さっちゃんが季節はずれの暑さの中4回を4失点。しかし自責点は少なく見方エラー続出の中、いつもならナーバスになってしまう中をこの日は踏ん張り強い精神力で乗り切った。
継投した植ちゃんは制球定まらず苦しんだが、この日はバットで存在感を発揮した。

炎上の植ちゃんと急遽途中から継投したスケ丸も打ち込まれたが最終回はぴしゃりと3人で抑え、劇的場面のお膳立てをした。

猛攻14安打で本来ならば楽勝であるはずの試合だったがここまで書いてきたとおりエラーにエラーが重なり散々たる内容だった。
結果的にはそれをバットで持ち返したと言う総合力という言い方が出来るのも事実だが、やはりそこにもたれかかっていても、そんな過信はすぐに崩れます。

最後のミーティングでも言いましたが、この日のエラーは本当に基本的なものだけでした。ゴロにフライにキャッチング。小学生の野球の基本の事が出来ずに失点を重ねました。
しかし、これが野球です。結局基本です。

確かに毎週同じ練習を何時間も続けることは時に飽きてしまうかもしれません。しかし皆が大好きな野球は基本のエラーを放置して、偶然エラーがない日を期待しつつ同じ過ちを永遠と続ける野球でしょうか。
それとも、失敗を糧に一生懸命失敗部分に向き合い、練習を重ねた上で次の試合では3回のエラーを1回に減らす事が成長とし、それを楽しむ野球なのか、どちらでしょうか。
私は迷いなく後者です。
そして、大阪カープスは後者です。

この日の試合に目を向けなければこの日の失敗はその瞬間に本当の失敗になります。
しかし、「ああ、まだ俺、まだまだ基本できていないな・・・また来週から徹底的にままで以上に意図を持って練習をしよう!」と、捕らえまた新たな気持ちで取り組むのであれば、それは失敗どころかあなたの成長の大事な一歩になる試合だったはずです。

確かに3割の可能性を求めるバッティングもおろそかには出来ません。しかし、10割を求められる守備に趣を持つことが確立から見ても最も大事なのではないでしょうか。
これからも大阪カープスは都合のよい玉遊びクラブで終わるつもりはありません。
野球と言ういつまでも満たされないからいつまでも楽しめるスポーツに向き合って、その中で相手を想う心、人間性の成長に向き合えたらと考えます。

大阪カープス男の道!
失敗にうつむかず、失敗をにらめ返して、前の自分を乗り越えよう!
それが君を成長させ、その連続がチームの成長になります!

PS:この日見てもらってわかるとおりキャントクは更に痩せましたが、これは病気ではなく、喉の手術によりものが食べれなくて痩せたのであって、病的に痩せたわけではありませんのでご安心ください。
自身も痩せることに違和感はありますが、私の身長で90kgは太りすぎで、実は今でも少しオーバー気味です。ただちょっと筋肉があるので重めですが、実はキャントクはこの体重の時が人生で一番多かったのでこれが平常の姿です。
ザーボンで言う男前の姿のほうです。今まではトカゲバージョンでしたので、ナニワともあれご安心くださいね。
もうちょっとしたら少しづつ筋トレも再開し、植ちゃんより打つ予定なので、植ちゃんは今のうちに色々なせこい言い訳を考えておいてください笑

[embedyt]https://youtu.be/N28I5uAE9sQ[/embedyt]