論じて、鍛えて、使って身につく

2018年6月3日 練習

初夏のような猛烈な日差しと、春の様な爽やかな風が吹き付ける天候のした来週の負けられない戦いに向けて練習が行われました。

体操、クマさん体操のあとはブランドを整地しつつ、この日から富さんがテントを張ってくれて選手の体力回復に使用されました。
その後はキャッチボール、内野ノックを行いすぐにシートノックに移行しました。

シートノックは前回同様細かな部分では集合して話しあいをしながら進められました。
本日は特に内野での特定の動きに対して、一体どの動きが最善なのかを徹底的に議論し練習を行いました。
そして気付けば13時・・・、なんと2時間近くぶっ通しで練習をしました。
そして休憩してまたシートノック再開。

最後は軽めのフリーバッティングを行いましたが、もう全員フラフラのエンスト状態。頭も体も使った一日は非常に濃厚な内容となりました。
よく草野球では机上の空論ばかりで手が止まる光景を見ますが、大阪カープスでは徹底的に基本を詰め込んだ先にある今で、ようやく話し合ってつめる作業を取り入れ始めました。

野球はあまりにランダム要素が多い協議で、シチュエーションでの協議に対してこれが答えと言うものは非常に少ないのでどれも不正解ではなく、逆にどれも正解の場合があります。
なので、色々な意見を出し合い、それを実践し覚えていくことが引きだしの多さを作れることに繋がるので、どんどん悩んで、どんどん練習していきましょう。

そして大事なのが、この話し合いの中で選手の個性を覚えていくことです。
この選手はこういった感じの方向性が多いな。そんな事が今日の一日でもわかったはずです。広い可能性を踏まえる人、最悪を考える人、一番わかりやすいものを徹底する人。それらを踏まえていけば試合での臨機応変な時にもきっと役立つはずです。

これからも今までどおりの気合の基本練習も継続しながら、試合で必要とされる小まめなチェック項目を必要とする一歩踏み込んだ野球も取り入れて、また一つ階段を上がっていきましょう。

PS:フォトコーナー取り急ぎ復旧しております。画面表示後更新ボタンで更新されるはずです。ちなみに今回はキャントク写真館となっております!

[embedyt]https://youtu.be/UV322H8t3cw[/embedyt]