遠い日の自分の為に今の自分がすべきこと

2018年8月26日 練習

8月最後となる練習がホーム海老江で行われました。
確かに暑いことは暑いのですが、時折上がってくる海風がとっても涼しいので、暑い中にもカラッとした感じもあり前年のベタッとした暑さではない夏を感じる練習です。

練習前に植ちゃんから、いつも内外野別れてノックするときは外野はレフトとライトという方向でノックをしていて実践的ではないのでは?と助言があったので、この日は練習開始時から外野ノックオンリーの練習を行いました。

しかし練習が始まるや否やポロポロポロ、お次は打球が頭上を越えていくなどエラーの連続。
実はこの日海老江の上空は非常に強い風が吹いており、更にその風が巻いていました。海老江は基本的に上流から河口に淀川の川風が吹くのですが日によって大阪港からの海風が上がってきます。それがこの日はぶつかったりで風の流れがとっても読みにくい難しい気候でした。

 

特に海風が強く、目測の打球から到達地点が突如伸びるという状況が多発し、余裕をもって到達地点に立っていて頭上を抜かれるエラーが多く見られました。
確かに風によって伸びる打球を捕球するのは難しいですが、普段から言っている「打球をその場で立って捕るのではなく、回り込んで後ろから捕球しましょう」。これを実践していればそうそう頭上を越えられることはありません。まだまだこれは難しい技術でおいそれと1年や2年で得られる技術でもありませんが、普段の練習の当たり前に受けているノックの1球1球にそういった意図をもって捕球できているか?が、こういったランダムな状況でいかに対応できるかの違いになってきます。

ただただ「ノックの球が来た、捕った。」これで毎回のノックを終えていたらいつまでたってもこういった状況についていけません。「今日は目切をして捕ってみよう、今日は回り込んでみよう、今日は助走して捕ってみよう」そんな小さな意図の連続があなたを大きく成長させます。
この日外野陣同士で守って、自分たちが目のあたりにしたようにまだまだ大阪カープスの外野陣は伸びしろ十分です。この外野陣を俺がまとめてやる!俺が引っ張ってやる!そんな強い意気込みをもって大阪カープス外野プライドを自分たちで構築してほしいと感じます。
特にヒロキ、ジュンペイ、スケ丸は出席日数の関係から出場機会も多い選手たちです。常に話し合ったりコンタクトを密にとって意識を高めてみましょう。

 

あと1つ気になった点では太陽対策です。これは昨年の冬あたりから皆には伝えていたのですが、やはり外野は特にサングラスをつけないと夏場は打球が見えません。これは出来れば各自対応していただけると助かります。そしてサングラスはすぐには慣れないので晴れていない日でもサングラスをつけて守備練習をするなどして、その日の為に準備しておきましょう。

ここまで読んでいただけたのならお分かりの通り、野球は常に準備のスポーツです。でもその準備が結果になるのにはとても時間が必要な事ばかりで取り組む意味を見つけたり、それを持続するポテンシャルを保つことは簡単な事ではありません。しかもそれが週一回の活動なればなおさらです。
しかし、それをしないと成長していかないのも事実で、それはイコール自分が一番大好きなはずの野球を自分でマンネリ化させてしまう事になります。

これそ防ぐ方法の一つにに「野球日記をつける」という方法があります。
まずは自分の課題を洗い出す、コーチやキャントクから言われた目標を書き記し、そのゴールに向かって何をするべきか、毎活動でどれだけそれに向かって自分が何を出来たのかを書いていく、そうすれば自分が今日どういった意図で練習をしたのか、自分の目標にどれだけ近づいているかを自分で確認することができます。
もし良かったら実践してみてください。

 

当然大阪カープスという大きな船も同じことで、全体として目標地点にいつも向かっています。これまたすぐに結果や答えが出ることなど何一つありません。しかしそれはいつも言う通りの「だからこそ楽しい」と私は感じます。お金を入れてすぐに見返りのあるインスタント野球ではないからこそ、長く楽しめます。でも、だからこそしんどい部分もあります。しんどいほうが多いかもしれません。でも、そのしんどい事もやがては楽しい事と気づき始めると思います。

大阪カープス野球をこれからも苦しく楽しく、全力で一生懸命遊んでいきましょう!
※Photoコーナーの調子がいまいち戻らないので、いったんフォトコーナーは廃止し、Facebookの写真掲載をその代用とさせていただきます。大阪カープスの練習風景などの写真を沢山見たい方は大阪カープスの公式Facebookページをご覧ください。

[embedyt]https://youtu.be/T0AQcUogs3k[/embedyt]