大阪カープス淀川打線爆発!3花火で2桁得点!

2018年11月5日 試合

今回も引き続きビジターとなる猪名川公園野球場で試合を行ってきました。枯れ葉舞い散る緑に囲まれた美しい球場で大阪カープスの運命やいかに?

1回はたんぱくに3者凡退で終わり2回
先頭の植ちゃんが三振で倒れると、5番おっくんは強烈なレフト前ヒットで出塁。ぽよんぽよん走塁で命からがら二塁へ盗塁し、ワイルドピッチも重なり三塁へ到達。6番一球も四球を選び1死1・3塁のチャンスで打席には今さん。
しぶとく放った打球はセンターへ抜けおっくんが生還し先制点を挙げる。

続くチャンスにバッティング上がり調子のさっちゃんは、うまくバットに乗せてセンターへタイムリーヒットを放ち2点目をあげる。塁は埋まりチャンスが続いたが本死や盗塁失敗と自らチャンスの芽をつぶしてしまった。

3回
2・3番があっさりアウトとなり2死で迎えた4番植ちゃん。当然狙うわホームランで放った打球は本当にホームランになったが、何とも微妙な高さで詐欺の疑いがでるも、やっぱりホームラン。
5番おっくんはショートの深いところへのあたりに爆走で、これを内野安打として、盗塁で二塁へ行く間に悪送球の隙を見て三塁へ到達。
6番一球のサードゴロの悪送球の間におっくんはホームへ突入し生還し、この回2点を挙げる。

4回
先頭のさっちゃんは先ほどのデジャブかというほどの同じような匠のバッティングで出塁。ムーさん倒れ打順は1死で先頭に戻りジュンペイ。
鋭く切った打球は猛烈なスピンで上昇しそのままスタンドイン!!植ちゃんの詐欺ホームランが本当に詐欺に見えるほどの完全なる高さを保った2ランホームランとなる。

マーさん四球、富さんが失策でチャンスを広げ打席には詐欺がばれないかと怯えている植ちゃん。ここは本当に打っておかないとと振り切った打球は火の出るあたりでセンターへ抜け2人が帰り2点を追加。
その後おっくんもヒットで続くもアメリカンドックの食べ過ぎで盗塁を失敗して4回を終える。

5回は一休みで6回。
1死からジュンペイがサードへの強襲ヒットで出塁するとロケットスタートで二塁へ。二番マーさんはしぶとくライト深くへ犠牲フライを放ちジュンペイは3塁へ到達すると大阪カープスの淀川打線が爆発し、クリーンナップ3人がつるべ打ちで一気に2点をあげ、勝負あり。

投げては先発さっちゃんがこの日もボール一個分の出し入れをコントロールして相手打者を翻弄。スピードこそ抑えながらだったが巧みな制球で5回をピシャリと0点で抑えた。
継投したスケ丸はうまく肩を作れなかったか制球に苦しみ、苦し紛れの真ん中を狙われる場面が目立ったが、何とか2失点で逃げ延びた。

3時間試合でその後も試合は行われ、オールドルーキーシバやんが早くも初ヒットを記録。久しぶりとなる登板の今さんも失点こそしたが、番記者的にはなかなか良い腕のフリで期待がもたれる投球だった。

二桁得点で大味に見えた試合だが、一つ一つ見てみると小さな結果の積み重ねだった。巧みな盗塁の連続に、隙あらば次の塁という意思もきっちりと見えた。
そしてなによりもこの日も守備の堅さが大きな武器になった。
つまりは、細かい走塁に鉄壁の守備という弱いチームはこうして勝つんだ!という証明のような試合で、これにボーナスの長打も絡みこの点差となった。

ただその中にもやはり送球や中継といった部分でまだまだ上を目指せる部分も見られた。このような好投手の場合もしかり、まだまだ大阪カープスも貧打であることをかんがえると、こういった小さなミスもきっちりと練習で埋めていかないと1点差のような緊迫した試合をものにできないので、これからも初心貫徹で進んでいきましょう。
それが大阪カープス、漢の道。

※活動毎の様子をカメラに収めた写真館は大阪カープス公式Fasebookに移行しました。活動写真を見たい方はこちらからご覧ください。
https://www.facebook.com/osakacarps/

[embedyt]https://youtu.be/FgUkkde24Mg[/embedyt]