春の楽しい野球の為に今を苦しもう

2019年1月27日 練習

声をかき消すほどの突風と、手の感覚が無くなるほどの寒波、更には雪もちらつく中、大阪カープスの練習は行われました。

まずはボール回しから始めますが、とにかく手が冷たくて送球がままなにりません。ノックでも送球に加え体もがちがちでなかなかボールが手につきませんでした。

このままではいけないと、暖房効果のあるロングティーに練習を以降すると各選手から「熱い」と声が漏れるほど。受けても次々ボールが飛んでくるのでなかなか体があったまりました。

お次も走りこめる外野ノックを行い、とにかく体を温めながら練習を行いました。最後のはそのほぐれた体で締まったシートノックを7回分行い練習は終了しました。

手もかじかみ体もまだまだ動きません。当然今の状態で野球の技術という部分での成長はそうは多くは無いでしょう。でも今の時期にとても大事な事は、やがて来る春への心の自信です。
「おれはこの寒い冬を乗り越えた」そんな自信が必ず厳しい場面で生きてきます。当然足腰にも生きてきます。

今年は大阪カープスよりも強い全5チームでのリーグです。どの戦いも苦戦が予想されます。その中で普段の自分自身の力を出せることは少ないでしょう。そんな時にこの厳しい環境下での練習が生きてきます。
2月は当分寒い日が続くようですが、だからこそその中を耐え抜けばそれは大きな差になります。

しんどい時に頑張り、昨日の自分を越えていきましょう。
それが大阪カープス漢の道。

[embedyt]https://youtu.be/vflmT_HLPZ0[/embedyt]