もうすぐ春ですね、シートノック35回しませんか?

2019年3月11日 練習
大阪カープス_大阪草野球_練習

殆どの選手が長袖をまくりあげ、選手によっては半袖の選手も登場するほどの暖かさの中、ホームで活動が行われました。

初めの時間はメンバーから提案を上げていただき、壮行試合をしました。
投手と捕手は特殊なポジションですのでとりあえず二手に分かれて、それ以外の選手では佐藤音楽堂チームは大阪カープスのスタメンメンバーを揃え、植田不動産チームはそのほかの選手で構成されました。

結果は佐藤音楽堂打線が爆発しまさかの2桁得点の大差で勝利しました、
お互いの足りないメンバー分の守備につきにいったり、審判に回る、ファールボールを捕りに行くなど非常にあわただしい中でしたが、それを一生懸命皆で回しながら試合を共同して構成する、という素晴らしい時間になったのではないでしょうか。

試合後はそんな和気あいあいな雰囲気はいずこへ、地獄しか見えないような2時間シートノックが行われました。2時間フルに使い休憩はたった一回の10分程度で、約35回分のシートノックを行いました。
初めは余裕があったメンバー達もやがて無口になり、その次はハイテンションになるという久しぶりの大阪カープスの光景が戻ってきました。

長く疲労の中で行う練習は人によっては意味がないと思う事もあると思います。しかし私はそうは思っていません。
野球には技術という分かりやすい能力がありますが、それ以外にも精神力や繋がりという切っても切り離せない大事な要素があります。

まだまだ精神力や体力があるうちのシートのノックは技術を高め、疲労が蓄積されてからのシートはそこからどういった事を出来るか、乗り越えようとできるか、そのしんどい状況でどれほど人の事を想えるか、そういった能力を伸ばせると感じています。そしてその限界状況でこそ本来の力を見ることができます。

そして毎年言っていますが、このように少し無理をしてぶっ通しで出来る期間って本当に短い期間です。ほどなくして熱くなりすぐに4時間は厳しい季節が来ます、そしてまた寒い季節が来ます。今しかここまで長く追い込める時期はありません。このしんんどさはやらなければ「ああ、あのときやっておけば。。」それに繋がります。

春になれば一気に試合が込んできます。それまでにあなた自身の実力と自信をこのしんどさの中でつけましょう!
もう春が、シーズンそこまで来てますよ!!!この練習、いつやるの?

今でしょ!!

それが大阪カープス漢の道。
[embedyt] https://youtu.be/pOomz4sl63A[/embedyt]

追記:
この日一人の選手と少し話をしました。
色々な話をしました。

大阪カープスは確かに野球をする場所です。しかし野球をするという事はまず人間であるという事です。人間であるという事は心を持つことです。心を持つという事は相手を想う事です。だから野球は相手を想うスポーツなのです。これは決して飛ばすことができません。

この日のお話でまた一人その一歩を大きく一つ進んだ子がいてくれたなと嬉しく思いました。
そして野球というスポーツがいかに素晴らしいスポーツであるかを改めて知る事が出来ました。

野球はやっぱる素晴らしいスポーツです。