ハレーションが出るような夏の日差しの下、2連敗中、もう負けられない戦い!大阪草野球リーグ第三戦マトリー戦が行われました。

1回2回はあっさりと終わり三回
2死からヒロキがセンター前にしぶとく運ぶヒットで出塁すると、暴投と盗塁で三塁へ。先制のチャンスだったがニッシーがセカンドゴロに倒れ得点を挙げれなかった。

4回
先頭の3番マーさんが芸術的なライト前ヒットで出塁。しかし後続が倒れチャンスを生かせなかった。
その後ヒロキが6回にこの日二本目のヒットを放つも得点には繋げれなかった。

投げては先発植ちゃんも粘りのピッチングを見せるも失策から2失点を献上し、これが決勝点で敗戦となり、まさかのリーグ3連敗という緊急事態となった。

ここ最近の大阪カープスを象徴するような、緊張の糸を失策から崩してしまう試合展開となった。
しかし各所にファインプレーも散見され、敗戦を続ける中でふさぎ込むのではなく、心ひとつになっていく力強さも垣間見られた。

ケガ人続出で今後は更に厳しい局面を打開していかなければいけないが、苦しい野球こそが本当の野球、しんどい時にいかに頑張るかが野球という事を今一度思い返し、この苦しい局面を皆で乗り越えていきましょう。しんどい時にどうするか、苦しい時にどうできるか、それが男の見せ所!そして、それが大阪カープス漢の道。