大阪草野球リーグ3連敗のがけっぷちのなか迎えた強豪マーベリックス戦!鉄壁強打の青波軍団に大阪カープスが挑みました。

1回
あっさりと2死になるも3番マーさんがしぶとく四球を選ぶと4番植ちゃんが久しぶりの快音となる左中間真っ二つのツーベースを放ち一気に二三塁のチャンス。このチャンスに5番おっくんは球が潰れるようなレフト強襲のタイムリーを放ち二人が生還し先制点をあげる。

2回3回はまさにたんぱくに3人で終わり4回
先頭のおっくんが失策で出塁するとニッシーのボテボテのピッチャーゴロの間に二塁へ進塁し打席には大不信中のきゃんとく。打球はかすかすのサードゴロも奇妙な走塁が相手野手の悪送球を誘い、この間におっくんが好走塁でホームを陥れ欲しかった追加点が入る。

投げては先発植ちゃんは毎回死球でピンチを迎えるも、そのたびに味方のファインプレーによるダブルプレーで難を逃れた。
継投したマーさんも四球でピンチを作りながらも要所を抑えるピッチングで迫りくるマーベリックス打線を何とか1点差で抑えきった。
これでようやく大阪草野球リーグ初勝利。最後の一瞬迄気を抜けない苦しい戦いを全員野球で制した。

この日は人数も少なく、正ポジションも少ない中での苦しい船出となったが、大阪カープス結成以来最もチームが一つになっていると言っても過言でもない程に心が一つになっていた。勝利に結びついた1点差はキャントクのサードへのゴロの相手野手の悪送球によるものだった。これは1回からずっと一塁へ全員がどんな内野ゴロでも全力疾走で一塁へ走り抜けた結果が、大阪カープスは全力で一塁まで走るぞ!という見えない力を呼び込んだと感じました。

正直エラーはとても多い試合でした。でもそれは仕方ありません。このメンバーです。今はどこをとってもちぐはぐです。でも、だからこそ、それをメンバー全員が認識して、これでやらなくてはいけないんだ!という強い絆のような力が働いた試合でした。

足りないことに嘆くよりも、このメンバーで何をしていけるか、何をすべきか、それを一生懸命に考えて実行していくことが、組織の醍醐味ではないでしょうか。潤沢だった時には味わえなかったことを今、皆感じれていると思います。それは大きな財産です。
「この中で俺にはチームに何ができるか?」
ずっとチームのなかで問うてきたことが現実として見えやすくなってきました。一人一人の力や考えがより大きく影響するチーム状況です。この日に皆で行った一塁への全力疾走のように、今出来る事に全力を注ぎましょう。
それが大阪カープス、漢の道。

大阪カープスではメンバーとマネージャーさんを積極募集中です!