相手を想う事が野球なんだ

2020年2月9日 練習
大阪カープス,試合,草野球,大阪,おおさかかーぷす,メンバー募集,新規メンバー,メンバー募集中,練習,練習が多め,淀川河川敷,情熱,スポ魂,熱血,青春,野球,ベースボール,japanese,japan,baseball,amateur,マネージャー募集,マネージャー,草野球のマネージャー,ノック,地獄ノック,CARPS,

大阪カープス,試合,草野球,大阪,おおさかかーぷす,メンバー募集,新規メンバー,メンバー募集中,練習,練習が多め,淀川河川敷,情熱,スポ魂,熱血,青春,野球,ベースボール,japanese,japan,baseball,amateur,マネージャー募集,マネージャー,草野球のマネージャー,ノック,地獄ノック,CARPS,

ココ最近の予報通り冷え込むと思われましたが、やはりここは誰かが晴れ男なのか、大阪カープスの練習が始まるやいなや太陽が顔を出しポカポカと春の陽気になり、全員汗だくでの練習となりました。

クマさん体操から始まり、時間をかけてキャッチボールをしてからは内外野に分かれてのノックが行われました。
キャッチボールではグッチがキャッチボールをしながらも、この後に控えるシートノック練習への事前準備として、ただ受けるのではなく、捕り方、捕ってからの姿勢などを意識しているのが見られ、成長をしたいという気持ちが伝わってきました。

大阪カープス,試合,草野球,大阪,おおさかかーぷす,メンバー募集,新規メンバー,メンバー募集中,練習,練習が多め,淀川河川敷,情熱,スポ魂,熱血,青春,野球,ベースボール,japanese,japan,baseball,amateur,マネージャー募集,マネージャー,草野球のマネージャー,ノック,地獄ノック,CARPS,

シートノックはこの日も1時間近く近くかけて行われました。
大阪カープスでは多少経験していたよ、というメンバーが増えてはいますが、それでも実践守備となれば現状は中継さえもままならない状況です。
でも、それが野球です。

自分一人では野球はできません。
上手いメンバーだけでも野球はできません。

誰が捕球するのか、どこに中継を投げるのか、ランナーの足の速さはどれくらいか、何点差の何回か、ちょっと挙げただけでもこれだけポイントがあり、挙げればきりがありません。そんな限りない答えの中から一つを見つけだし、判断し、行動にうつさねばなりません。
しかも、その意識を全員で一致させねばなりません。

大阪カープス,試合,草野球,大阪,おおさかかーぷす,メンバー募集,新規メンバー,メンバー募集中,練習,練習が多め,淀川河川敷,情熱,スポ魂,熱血,青春,野球,ベースボール,japanese,japan,baseball,amateur,マネージャー募集,マネージャー,草野球のマネージャー,ノック,地獄ノック,CARPS,

それが野球のむずかしい所であり、やりがい、楽しさでもあります。
こんな難しい事、1年や2年で出来るはずもありませんし、尚更草野球となれば一週間にたった一度の練習、更にはメンバーも来れたり来れなかったりで、答えのバリエーションはさらに増えます。

だからこそ、その練習に集中し、積み重ね、1秒たりとも無駄にしてはいけません。
その一つの行動に意味を持たなくてはいけません。
「なぜ?」その連続です。

大阪カープス,試合,草野球,大阪,おおさかかーぷす,メンバー募集,新規メンバー,メンバー募集中,練習,練習が多め,淀川河川敷,情熱,スポ魂,熱血,青春,野球,ベースボール,japanese,japan,baseball,amateur,マネージャー募集,マネージャー,草野球のマネージャー,ノック,地獄ノック,CARPS,

大阪カープスは正直ぼかすか打てて、剛速球投手で抑え込むチームではありません、身体能力でカバーできるチームでもありません。一生弱小チームです。でも、だからこそ、やらねばならないことがあります。
逆を言えば、だからこそ一生野球で楽しめると私は感じています。

大好きな野球を最高に楽しむために、全選手が全選手を想い、このチームで勝っていくために、また次回も大好きな野球で遊んでいきましょう。
それが大阪カープス漢の道。

大阪カープス,試合,草野球,大阪,おおさかかーぷす,メンバー募集,新規メンバー,メンバー募集中,練習,練習が多め,淀川河川敷,情熱,スポ魂,熱血,青春,野球,ベースボール,japanese,japan,baseball,amateur,マネージャー募集,マネージャー,草野球のマネージャー,ノック,地獄ノック,CARPS,

PS:この日体の不調でも参加したオガ選手はノックではキャッチャー役、シートノックではずっと空いた場所をグラセンするなどしてくれました。本当にありがとうございます。このように「こうだから、出来ない」ではなく。「今はこうだから、これをしよう」と考え、実行する姿は決して忘れてはいけません。この素晴らしい野球姿勢こそが大阪カープススピリットです。全選手、それぞれの立場から、この姿勢を見習いましょう。

[embedyt]https://youtu.be/OFIm2rJBDvU[/embedyt]