距離は離れても心は3密です!

2020年8月23日 練習

再び感染が広がる中、大阪カープスもそれに合わせて再び対外試合を中止としました。
本来同時に練習も中止にしていたのですが、感染状況などを見ていて、チャンと対策を取れば屋外では活動が出来ると改めて判断し、活動に至りました。
以下のルールを設定しました。
・活動前後はマスク着用(開始時は体操終了まで)
・荷物はベンチ外で距離を取って置く
・ベンチは密を避けて順番に座る
・ヘルメットは使用後アルコール消毒
・練習後はアルコール消毒
・練習の時に長時間近距離にいない

猛暑という事もあり体操はグラウンド中に入ってから行いました。

キャッチボールも今日はライトに行いました。

内外野ノックはあまりの暑さになかなか集中できませんでしたが、それでも元気組のジンちゃんやトシが大きな声を上げてチームを鼓舞していました。
途中から捕手に入ってくれたきっちゃんも指示を捕手から出すなど積極的な動きを見せてくれました。

フリーバッティングを行いました。
暑い中、マーさんときっちゃんがフラフラになりながら一生懸命最後まで投げ抜いてくれました。

ラストは元気のしぼり汁。2パッキントス。

ここまでほぼ朦朧としながら行ってきた練習ですが、最後に占めのロングティーです。
はあはあ良いながらも参加メンバーは最後までやり切ってくれました。

猛暑の中の練習は練習内容的には非常に量の少ない内容になりますが、ここでどれくらい頑張れるかは、自分への自信に繋がります。
この暑い中で自分は今日をやり切った、その積み重さねは今後の糧になり、自身は結果に直結してきます。
そしてこの暑さの中で共に苦しみを分かちあったメンバーには絆が生まれます。それは目には見えませんが確実に野球に必要なエッセンスです。
特に弱いチームではこのチームワークが肝になります。

しんどい時にどれくらい頑張れるか?その中でも仲間を想えるか?
それは野球だけではなく日常でも大事な事です。
それを大好きな野球の中で体現し、普段にもいかしていきましょう。
それが大阪カープス漢の道。