【1】一球のここでズバッと!

一球です。
今回のブログを担当することになりました。
よろしくお願いします。

 

10/30の活動は試合でした。
私が人生で初めて采配を取った試合でした。
いかがでしたでしょうか?
正直、私はいっぱいいっぱいになってました…
その中で感じたことを書いていきたいと思います。

 

◆全体について
大きなミスもなく、集中出来ていたと思います。
ただし、口頭でもお話したとおり、声が少なかったように思います。
私が、キャッチャーから声を出したほうがいいのか…野手として出場したほうが盛り上がるのか…いろいろ試したいと思います。

 

◆ピッチャーについて
皆さんフォアボールも少なく、まとまっていました。
なかでも喜多さんは、連打はされましたが、それでも崩れることなく、だいぶピッチャーにも慣れてきたかなと思います。

 

◆打線について
ヒット数はチーム全体で6本とまずまずの数字ですが、初回の2得点のみで少し寂しい感じです…
出たランナーを最大限活かしていくためには、盗塁、バントと言ったサインの徹底は不可欠です。
ヒロキさんなど、走れる人は基本的にグリーンライトでOKだと考えています。
いかに、ポイントゲッターにチャンスで繋ぐか…いろいろ打線も試していきましょう!

 

◆一球の野球感(第1回) 思いやり
野球は思いやりのスポーツです。
守備時のカットプレーひとつでも、外野手のスローイング能力によって、内野手は外野手との距離を考えないといけないです。
走塁時のサインも、盗塁のサインが出ているのに、走らない場合は、打者のカウントを悪くする可能性があります。
ゲッツーなんかは最たる物で、愛情がないと成立しないと思います。
チームメイトを思いやって、どうすればプレーしやすいのか、常に考える必要があると考えています。

 

今後の練習では、ポジションを固定せずいろいろな視点からプレーしてもらおうと思っています。
他のポジションの動き方もある程度理解していただき、私も皆さんに愛情をもってプレーするので、皆さんも私を含めたチームメイトに愛情をもってプレーして頂ければと思います。