練習 & 練習試合(対 淀川エンジェルス様)

2021年8月2日 練習 試合

今回ブログ担当させて頂くのは、会長ことニッシーです!

さて、東京五輪も開幕しメダルをかけて様々な競技で盛り上がってたり、夏の甲子園に向けた地方大会も各地で熱戦を繰り広げている中、今週もここ太子橋の河川敷グラウンドに恐れを知らない野球バカ達が集結し、熱闘が行われました!!

今や大阪carpsでは恒例となっている6時間活動…
2時間の練習の後に4時間の練習試合(ダブルヘッダー)を猛暑続く中行いました。
練習では内外野合同でのノックを行い、最近の課題でもある連携を中心に行いましたが、暑さもあったのか…全体的にミスも目立ち、チグハグな形が多かったです。

やや不安残したまま練習を終え、淀川エンジェルス様との練習試合へと突入します。
後攻の大阪carpsは1回に2アウト2.3塁のチャンスに会長自らが相手エラーもありましたが、凡打ながらも1塁への執念の激走の間に2者生還で先制点をあげます。更に1点を加えて主導権を握ります。
毎回のようにランナーを出す展開が続き、今日は連打攻勢というよりは走塁と犠打を絡めた攻撃が中心で1点を大事に取りに行く攻め方が際立ちました。
大阪carpsも決して強打が売りのチームではありませんし、今後の戦いにおいても1点を取る攻撃というのは必要になってきます。そういう意味では良い攻撃の形が出来たのではと感じます。

投げては植ちゃん→喜っちゃんのチャンチャンリレーで要所を締め勝利をモノにしました!
暑さとの戦いにもなりましたが、決して楽なゲームではなく、相手チームも甘い球は見逃さず長打をくらうこともありましたし、点差がつくと守りのミスもありました。

その流れで2試合目に突入しましたが、相手チームの人数調整の為、大阪carpsから計5名が助っ人応援に行き実質紅白戦のようなゲームでした。

2試合目は流石に疲労も蓄積され、攻守ともに散漫なプレーが目立つようになりました。逆に声に関しては目立つどころか影を潜めていき、試合の緊張感は殆ど感じられなかったように見受けられました。
声はどんなプレーもカバーできます。そして、チームを思ってプレーする。
野球だけに限りませんが、皆様が取り組んでいる大阪carpsの野球は思いやりのスポーツです!
それは、キャッチボールから始まってます。相手の取りやすい所にきちんとボールと想いを届ける⚾️

簡単そうでとても難しいことです。チームプレイの中で1人のミスを皆でカバーし、1人1人がチームの為に何をすべきか考え、行動に変えていく!

【ONE for ALL】【ALL for ONE】を胸に刻んでおきましょう!

これから酷暑の8月に突入しますが、緊急事態宣言の影響で少々お休みになります。
コロナと熱中症に負けずに、再開時には又次の階段を駆け上がる為に頑張って行きましょう!

その他の写真を見る(ギャラリーへ)