大阪草野球リーグの内容

大阪草野球リーグ発足のきっかけ

大阪草野球リーグ

20年近く草野球を趣味として続けてきたなかで、私設リーグにも沢山入ってきました。
胸をときめかせるはずのリーグも入ってみれば、練習試合とさほど変わらない「参加者に完全放任されたシステム」で、勝ちあがりたい一心で「見方に有利なジャッジを行う」「あきらかに強すぎるチーム」など、参加当初のワクワク感はいつも落胆して終わることがほとんどでした。

そこで、そういったリーグ運営者のお金儲けが目的で行われているだけのリーグしか無いのであれば、自分で理想とするリーグを作ろうと思い立ち、自身が今まで戦ってきた中で、本当に心通わせて野球だけに集中できるマナーや礼儀を兼ね備えたチーム様に声をかけさせて頂き、ここに大阪草野球リーグを発足しました。

 

大阪草野球リーグの特徴

大阪草野球リーグ
一見さんはお断りで、発足チームから参加チームを増やす場合は、今参加している全チームが新規希望チームと対戦し、マナーや礼儀、強さの適正を判断し協議の上決定するので、安心して参加チームはリーグを継続していけます。
すなわち、お金の為にただただ参加チームをかき集めるのではなく、参加チームがリーグを楽しめるためにある、「参加チームが主人公のリーグ」です。

 

同じチームとリーグを続けていく深み

大阪草野球リーグ

草野球は基本一見さんと対戦をしてその日の活動が終わりますので、いつも行き当たりばったりのドラマしかありません。しかし大阪草野球リーグでは決められたチーム内での総当り戦を複数回、そして今後も長く行うことで「知っている対戦相手と戦う」という、なかなか草野球では味わえない深みを楽しめます。

相手チームのメンバーを知っていくことで、「弱点を突く投球・戦略・守備陣系・計算したスタメン起用」など、よりプロ野球のような側面を楽しめるようになります。それにより選手自身も考えてプレーを行うようになり、選手の能力向上にも繋がり、それはリーグ全体の質の向上にもなっていきます。

特に大阪草野球リーグではチームから選手データを拝借しホームページに掲載しますので、前日に皆で集まって作戦会議をするなど、新しい草野球ライフを楽しめます。

 

大阪草野球リーグの今後の展望

大阪草野球リーグ

毎年、来年の参加チームを各チーム様で推薦していただき、少しづつチームを増やし、最高で6チームを最大とし(仮)、プロ野球のようにそのチーム内でずっとリーグを運営していき歴史を刻んで行きたいと思います。
チーム数が増やせれば参加費用をアップさせ、前期後期システムなどを採用し、決勝戦を大きな球場で行うなど更に選手が夢を抱ける運営を行いたいと思っております。

大阪カープス草野球リーグのリーグ規約

大阪草野球リーグ